モブサイコ100のキャラクター・主要登場人物一覧!相関図つき

『モブサイコ100』にはたくさんのキャラクターが登場し、色々な組織も絡んできます。

初登場から時間を置いて再登場するキャラもいるので、備忘録的に人気キャラクター・主要登場人物一覧と相関図を作りました。

作品中の人間関係の把握に役立てていただけたら嬉しいです。

 

モブサイコ100の人気キャラクター・主要登場人物の相関図

【モブサイコ100】あらすじ・ストーリー紹介

何かが「100」になったとき、爆発する少年モブ。
外見はいたって普通ーというよりむしろ地味。場の空気を読むのが苦手な彼は、実は強力な超能力の持ち主だった。
そんな彼の能力に目をつけ、次々と現れるニセ霊能力者に宗教団体、不良番長、謎の秘密組織・・・。
フツーの青春を願うモブに、平穏な日は訪れるのか?
引用元:『モブサイコ100』裏サンデー

「モブサイコ100」は主人公の中学2年生、影山茂夫(モブ)の成長物語です。

おかっぱ頭でおとなしくめだたないモブは、勉強もスポーツも人間関係も不器用ですが生まれつきの超能力者。

強大な力を持っていますが、彼自身はその力を不要なものと考え自分を変えようとしています。

自称霊能力者・霊幻新隆の事務所での時給300円のバイトや肉体改造部への入部をきっかけに彼の中の何かが動き出し、100になると爆発!

さまざまな人物との出会いや超能力バトル、そして憧れの女の子への想いが少年を成長させていきます。

【モブサイコ100】キャラクター一覧まとめ

アニメモブサイコ100の1期~3期主要各キャラクターの一覧まとめです。

影山茂夫(かげやま・しげお)(CV:伊藤節生)

主人公で通称「モブ」。生まれつきの超能力者ですが、超能力以外にとりえがない自分を変えようと努力中。

かつて自分の超能力が暴走し、弟にケガを負わせた経験から自分の能力を自由に解放することを自分に禁じています。

100%になるまでは意志力で超能力をコントロールしていますが、超能力が暴走し???%状態になると、力を制御できなくなります。

超能力者としてはおそらく世界最強の力の持ち主ですが、力に頼らずに生きていこうとひたむきな努力を重ねる姿が印象的です。

モブは心の中でシリアスに葛藤してるんですが、彼自身の言動や超能力を使った結果が時にはギャグになってしまうことも。

悪霊のエクボや詐欺師的な霊能力者霊幻新隆など、世間的には評価されない相手に対しても自分なりの軸をもって接する態度がステキです。

エクボ

最初は宗教団体「(笑)」(読み方:カッコワライ)の教祖としてモブの前に現れた悪霊。

モブに消滅させられそうになったことをきっかけに、”神になりたい”という自らの野望を実現するためモブに近づきます。

人間だったころの記憶は持っていませんが、口は悪いが根は優しいモブの友人。

霊幻新隆(れいげん・あらたか)

モブが「師匠」と読んで慕っている、自称霊能力者。

「霊とか相談所」に持ち込まれる相談には、霊能力以外のスキルをフル活用して誠実に対応しています(主にマッサージ)。

時給300円でモブを雇って悪霊退治をさせるせこい男ですが、保護者的な立場からモブの悩みを聞いてくれるよき相談相手です。

ソルトスプラーッシュ!(食塩をまく)をはじめとする、体を使った必殺技が得意。

影山 律(かげやま・りつ)

モブの1つ下の弟で、中学1年生。

全国模試で上位に入る成績でマラソン大会では学校男子中9位、女子にもモテるイケメン。

ただし登場時には超能力が開花しておらず、スプーン曲げを必死で練習していました。

幼い頃に兄・茂夫の超能力を目の当たりにして、その力に憧れるとともに恐れも抱いています。

鬼瓦天牙(おにがわら・てんが)

モブの通う調味市の塩中学校の番長。

喧嘩ばかりしており勉強もできない生徒ですが無遅刻無欠席で授業には参加していたり、後に肉体改造部に入って真面目にトレーニングを積むなど実は努力家で真面目。

生徒会長に目をつけられ、大掃除と称して女子のリコーダーを盗んだぬれぎぬを着せられました。

高嶺ツボミ(たかね・ツボミ)

モブと同い年の幼なじみで、成績優秀な美少女。塩中学校のアイドル的存在です。

モブが超能力を使えることを知っている数少ない人間の一人でもあります。

自分の考えをしっかり持った”強い女”で、彼女の転校前に数十人の男子が告白したものの全員フラれました。

モブも彼女に告白しますが…?

米里イチ(めざと・イチ)

モブの同級生の新聞部員で、ジャーナリスト志望者らしく物おじせずに興味を持ったものを取材します。

「(笑)」事件をきっかけにモブの超能力に注目。

宗教団体「サイコヘルメット教」には深く関わっています。

神室真司(かむろ・しんじ)

塩中学校の3年生で、目の下の濃いクマが特徴の生徒会長。

優秀すぎる兄と比べられたせいか性格が屈折。

律を巻き込み鬼瓦をはじめとする不良生徒達を陥れ、自身の立場を有利にしようと画策します。

郷田武蔵(ごうだ・むさし)

3年生の肉体改造部部長。

中学生らしからぬ鍛え上げられた肉体を持ち、超能力で作られた筋肉よりも強い筋肉を身にまとっている男。

誰よりも真剣にトレーニングに取り組み、同じように真面目にトレーニングに取り組む者を仲間として認めてくれる心の広い人。

暗田トメ(くらた・トメ)

宇宙人との交流にあこがれている3年生で、脳感電波部の部長。

普段は肉体改造部に間借り中の部室でお菓子を食べながらおしゃべりしているものの、宇宙人のこととなると気合いが入る女子。

エミ

モブの同級生の女子で、小説家志望。

生徒会長選挙に立候補したモブに告白しました。

モブが自分から超能力を見せた数少ない人物の一人です。

花沢輝気(はなざわ・てるき)

調味市黒酢中学校の裏番として君臨していた、モブが初めて会った自分以外の超能力者。

強力なサイコキネシスを使います。

初対決でモブに大敗したことをきっかけに、人間としても超能力者としても成長。

その後はモブのよき友人になっています。

落ち武者ヘアや150%ヘアなど、独特のヘアスタイルは要注目。

浄堂麒麟 (じょうどう・きりん)

日輪霊能連合の会長で、霊能業界の大御所です。除霊の際は大声で霊を追い払います。

目をつけられた同業者は廃業に追い込まれるとの噂どおり、霊幻が廃業の危機に追い込まれました。

森羅万象丸(しんら・ばんしょうまる)

日輪霊能連合の霊能力者。巨大な数珠を動かして相手を拘束することができます。

「口裂け女」の件をきっかけに霊幻と親交を深め、相談相手になっています。

浄堂にはめられた霊幻を心配する優しい人ですが、料金は20万円と高額です。

最上啓示(もがみ・けいじ)

40年ほど前は世界でもっとも有名な霊能力者でしたが、悪霊になるために自殺。

浅桐みのりに取り憑いた強力な悪霊としてモブと出会います。

超能力を暴走させたモブに敗北し、魔津尾に捕えられますが、最後は自ら姿を消します。

サイコヘルメット

サイコヘルメットとは、モブのおかっぱ頭+花沢輝気と対決したときの強大な超能力から生まれた呼び名です。

巨大なブロッコリーである「神樹」への人々の想いをエネルギーとして無限に生み出され、外見はモブそっくり。

当初その正体は教祖となっていたエクボでしたが、エクボが教祖であることをやめると自我を現し神樹のエネルギーを奪取し、モブを攻撃します。

モブを守ろうとするエクボに攻撃され、神樹とともにどこかへ飛び去りました。

密裏賢治(みつうら・けんじ)

覚醒ラボを主宰するスポンサーで、とある資産家の息子。

律をモブと勘違いして覚醒ラボに勧誘しました。

「爪」の世界征服計画が発動した際には、モブ達に潜伏場所を提供してくれる親切な人。

鈴木統一郎(すずき・とういちろう)

炎のような眉が特徴の超能力者集団「爪」のボス。

鈴木将(ショウ)の父親ですが、息子のことを全く顧みず超能力者による世界征服の夢を実現しようとします。

風、炎、冷気、電気、重力など複数のエネルギーを自在に操り、それらを譲渡・吸収・蓄積できる能力の持ち主。

そのパワーは数百名いる「爪」の兵隊たちに超能力を分け与えられるほどすさまじく、モブとの戦いで出力を上げ続けた結果力が暴走して死にかけました。

自分が世界最強の超能力者だと信じて疑いませんでしたが、モブに敗北したことをきっかけに親子の絆や人間らしい感情を取り戻しつつあります。

芹沢克也(せりざわ かつや)

超能力者集団「爪」の5超と言われる最強の超能力者の一人でサイコキネシスの遣い手です。

自分の超能力をコントロールできず15年間引きこもっていたところを鈴木統一郎に勧誘され「爪」を会社と思い込んで参加。

「爪」解体後は霊幻新隆の事務所の社員となり活躍しています。

初登場時はスウェットにちゃんちゃんことスリッパ、髪もヒゲもボサボサという出で立ちでしたが、スーツを着て髪を短くしたらイケメンになりました。

峯岸 稔樹(みねぎし・としき)

「爪」の5超の一人で、植物のエネルギーを自在に操る超能力者です。

モブとはお互いに植物を操って互角の戦いを繰り広げましたが、最上によって首根っこを押さえられ殺されかけます。

その時モブに救われたことに恩を感じており、モブに豪華な花束をプレゼントしていました。

島崎 亮(しまざき・りょう)

「爪」の5超の一人で、盲目の青年。テレポーテーションと先読み能力を駆使して攻撃をかわし、相手には肉弾攻撃を加えます。

マインズ・アイという超能力者を感知する能力を発揮しますが、無能力者の霊幻新隆の接近を許し敗北、逃走しました。

柴田 宏(しばた・ひろし)

「爪」の5超の一人で、筋肉を超能力で膨張させる「サイコステロイド」の遣い手。

パンプアップした筋肉を武器に暴れ回りますが、最終的にはモブに一撃で倒されました。

鈴木将(すずき しょう)

鈴木統一郎の息子で、サイコキネシスを操る強力な超能力者。

父親の存在を恥ずかしいと思っており引きこもりと家出を繰り返しています。

父親に対抗するべく自分も仲間を集め、「爪」が世界征服を宣言したときは律にも声をかけ戦いを挑みました。

モブに言いたいことをズケズケというところがいい感じです。

遺志黒 (いしぐろ)桜威

「爪」第七支部のリーダーで、常にガスマスクと黒いマント姿。

小柄で女性のような声ですが中身は初老の男性で、重力を操る「黒玉」であらゆる物を引き寄せ、吸い込んでしまいます。

誇山 恵(こやま・めぐむ)

モヒカン頭で、耳と唇にピアスをつけたガッチリした体つきの男性です。

子ども相手でも容赦せず「念動螺旋」という、螺旋状の念動力を手足に纏わせる技を使います。

律をさらって「爪」第七支部につれていきました。

「爪」第七支部解体後は桜威の紹介により同じコンビニで働いています。

桜威 遊介(さくらい・ゆうすけ)

メガネをかけて日本刀を持ち歩いている男性。

玩具を介して超能力を使う「呪玩」の遣い手。日本刀はプラスチックのおもちゃだったものを利用しています。

「爪」第七支部解体後はコンビニで働いており、おでんトングを持ち歩いているところが可愛いです。

魔津尾(まつお)

「爪」第七支部の幹部で、オネェ言葉を話す悪霊使い。

悪霊の育成が生きがいで、モブとの戦いで最上の力が弱ったところを捕らえ蠱毒の壺の中で育成。

偶然壺が割られたことによってモブと峯岸の戦いに最上が介入することになりました。

モブサイコ100人気キャラクター・主要登場人物相関図と一覧まとめ

モブサイコ100の人気キャラクター・主要登場人物の相関図と一覧をまとめました。

それぞれのキャラについて掘り下げた記事も書いていますので、読んでいただけると嬉しいです♪

モブサイコはギャグからシリアスまで楽しめるマンガですので、未読の方はぜひ無料分だけでも読んでみてください!

『モブサイコ100』のマンガ全16巻が定価11,165円6,699円で読める!

4,466円割引の詳細はこちら
モブサイコ100が全巻安い電子書籍サイトまとめ!40%OFFで買える!

タイトルとURLをコピーしました