機動戦士ガンダム水星の魔女・水星の環境は?住めない星で水星人は田舎者?

『機動戦士ガンダム水星の魔女』の主人公スレッタ・マーキュリーは、その名のとおり水星(マーキュリー)からアスティカシア高等専門学園に入学します。

彼女が水星から来た田舎者だとバカにされるシーンがありましたが、そもそも水星とはどこにあるどんな星なのでしょうか?人が住めないのでしょうか?

実在する水星の位置や環境、そして水星の魔女における設定をわかりやすく解説します。

 

ガンダム水星の魔女・水星の環境は住めない?

機動戦士ガンダム水星の魔女の水星は、人が住めない環境なのでしょうか?

実際の水星の位置

水星は太陽系の8つの惑星の中で最も太陽に近い場所に位置しています。

直径は地球の半分ほどで、太陽系で最も小さい星です。

大気はあるものの、地球上の実験室で作る真空よりも遥かに薄いそうです。

水星の1年は約88日・1日は約2年で、地表は88日間太陽光にさらされたあと88日間冷却されます。

そのため昼の温度は約430℃、夜の温度は-170℃と一日の寒暖差は約600℃にもなります。

水星の地表はクレーターだらけで月の地表とよく似ています。

水星には磁場があることがわかっていますがその理由は判明しておらず、コアには流動性のある巨大な鉄があると考えられています。

現実の水星は人が住めない環境?

水星は一日の温度差が激しく大気が薄い過酷な環境の星で、人は住めない環境です。

太陽の影響を強く受けることもあり、まだ地球からの探査機さえ着陸できていません。

1974年にマリナー10号がはじめて水星の近くを通過することに成功。

2004年に打ち上げられたメッセンジャーのデータにより、2011年にほぼ惑星全体の地図が完成しました。

2018年には2機の探査機を水星の周回軌道に投入する目的でベピ・コロンボが打ち上げられ、現在も水星に向かって移動中です。

『機動戦士ガンダム水星の魔女』では”水星軌道基地「ペビ・コロンボ23」”にスレッタたちが暮らしている設定ですが、この計画の名前がもとになっているのでしょう。

水星の魔女での水星の環境・設定は?

『水星の魔女』でも、ほぼ実際の水星の環境どおりの環境で人々が生活しています。

ただし人が住んでいるのは水星の地表ではなく、水星の集会軌道上にある基地「ペビ・コロンボ23」で、パーメット採掘のため地表に降りて活動しています。

エアリアルに搭乗するスレッタは、救助要請が入ると昼間はクレーターの影を使って移動。太陽風による高温を避けています。

気温が約430℃にもなる環境下ではモビルスーツであっても長時間は耐えられないということですね。

ちなみに基地の建物の中では普通に生活できるようです。

機動戦士ガンダム水星の魔女・水星人は田舎者?どんな星?

機動戦士ガンダム水星の魔女の水星人はどのくらい田舎者なのでしょうか?

水星に人が住んでいることは知られていない

水星の魔女では少人数ながら水星に人が住んでおり、細々とパーメットの採掘を行っています。

しかしそのことはほとんど知られていません。

パーメットはGUNDフォーマットという、モビルスーツの制御システムに欠かせない元素

かつてパーメットを採掘できるのは水星だけでしたが、月で採掘が始まると水星での採掘は廃れてしまいました。

原作小説「ゆりかごの星」で描かれる水星では、住人は老人がほとんど。

子どもはスレッタ・マーキュリー以外いなかったようです。

水星人は田舎者?

『水星の魔女』の世界で、スレッタは「水星って人が住んでるの?」ぐらいの超田舎者の水星人として扱われています。

水星はあまりにも地表の環境が過酷なため他に産業や観光地などもないはずで、当然ながら水星はど田舎です。

植物も育たないのか、スレッタは「トマト味」しか知らずに育ち、学園に来て初めて生のトマトを目撃。

何の実かわからず、ミオリネに教わるまでは食べ方も知りませんでした。

スレッタとプロスペラがかくまわれていた場所

水星軌道基地「ペビ・コロンボ23」は、スレッタ・マーキュリーと母親のプロスペラがかくまわれていた場所です。

かくまわれていた、ということはオープニングテーマ「祝福」の原作小説「ゆりかごの星」にはっきりと書かれています⇒原作小説

かつて小惑星フロント「フォールクヴァング」がMS開発評議会の「ドミニコス隊」に襲われたとき、二人は開発中のガンダム・エアリアルとともに密かに逃げ延びてきたのです。

水星は捜索の手が及ばないか、あまりにも過酷な環境のせいで逃亡の可能性がほぼないと思われるほどの辺境の地なのではないでしょうか。

まだアニメでは描かれていませんが、未完成だったエアリアルの開発を水星で密かに進め、完成させたものと思われます。

フォールクヴァングのヴァナディース機関のラボが襲撃されたとき、カルド・ナボ博士の指導のもとガンダムが開発中でした。

スレッタの父ナディム・サマヤの犠牲によりガンダム・エアリアルとスレッタ母子は逃げ延びますが、ラボは爆破。カルド・ナボ博士は死亡しガンダム計画は凍結されました。

プロスペラは襲撃を指示したデリング・レンブランへの復讐のため、スレッタをアスティカシア高等専門学園に送り込み、デリングの一人娘と結婚させる計画を実行します。

ファンの間で注目されているのは、フォールクヴァングにいたときと水星では二人の名前が変わっていること。

いつ名前を変えたのかや、幼い頃のスレッタがそれに対してどう反応したのかなど詳しいことは、今後明らかになるのではないでしょうか。

機動戦士ガンダム水星の魔女・水星の環境は住めない星かまとめ

タイトルにも入っている「水星」が実際にはどんな星なのか、水星の魔女の設定上はどんな場所なのか住めないのか?を解説してきました。

実際の水星は、太陽系で一番太陽に近い惑星です。

人が住めないほど大気が薄く、昼と夜の温度差が600℃近くにもなる過酷な環境の星。

『機動戦士ガンダム水星の魔女』の水星は、細々とパーメット採掘が行われている辺境の惑星です。

住人は老人ばかりで、彼らはパーメットの採掘を行っています。

スレッタとプロスペラはかつてガンダムを開発していた小惑星フロント「フォールクヴァング」から逃げ延び、水星でかくまわれていました。

水星で名前を変えた経緯などは今後明らかになっていくでしょう。

 

タイトルとURLをコピーしました