名探偵コナン季節外れのハロウィンパーティー!第9シーズン345話・42巻を解説

コナンファンなら、劇場版『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』で思い出すのは「季節外れのハロウィンパーティー」じゃないでしょうか。

個人的に大好きなエピソードですし、コナン本編の黒の組織や幼児化の秘密にも関わるヒントがたくさん出てくる超重要回。

ハロウィンの花嫁をきっかけに見る人が増えてほしいな~と思ってるので、ざっくりと見どころをご紹介します!

 

名探偵コナン季節外れのハロウィンパーティーは何話?何巻?

名探偵コナンの”季節外れのハロウィンパーティー”をテレビアニメで見る・漫画で読むなら何話・何巻になるでしょうか。

TVアニメ:第9シーズン345話(2時間スペシャル)

”季節外れのハロウィンパーティー”のエピソードは、アニメ第345話『黒の組織と真っ向勝負 満月の夜の二元ミステリー』です。

2004年にコナン初の2時間スペシャルとして放映された回ですね!

原作漫画:42巻

原作漫画で読むなら、42巻です。

File5「満月の夜と黒い宴の罠」
File6「血塗られた幽霊船」
File7「透明人間現る!」
File8「工藤新一登場!?」
File9「仮面の下の真実」
File10「ラットゥンアップル」

以上の6エピソードが直接”季節外れのハロウィンパーティー”に関係してます。

が、42巻のFile1「隠されていた真実」から伏線が貼られているので、42巻がまるごと”季節外れのハロウィンパーティー”のエピソードだと思ったほうがいいかも。

表紙の港の写真もコナン君イラストもハロウィンパーティーに関係しているので、青山先生もそのつもりで描いていると思います。

名探偵コナン季節外れのハロウィンパーティーあらすじと登場人物

名探偵コナン季節外れのハロウィンパーティーのあらすじと登場人物をご紹介します。

あらすじ

vermouth(ヴァームース)という差出人から小五郎宛に、季節外れのハロウィンパーティーの招待状が届く。同じ招待状が工藤新一宛にも届き、この差出人がベルモットで、自分や灰原の正体が彼女にバレてしまったことに気付いたコナン。横浜港を出航した幽霊船上でそのパーティーが始まるが、最中、ボーガンの矢で心臓を射抜かれ、悪魔のタロットカードと共にマストに吊るされた船長の遺体が発見される。その時、月光の下、工藤新一が颯爽と登場し推理を始めて…!? 一方、阿笠博士の家に1人残った灰原の元を訪れ、彼女を連れ去ろうとするジョディ。それを見かけたDr新出が後を追うのだが… ジョディとクリス、シャロンとの因縁、そして”A secret makes a woman woman(ア シークレット メイクス ア ウーマン ウーマン)”と”銀の弾丸(シルバー・ブレット)”の意味するものとは?
名探偵コナン全事件レポート編纂室より
実はこの『黒の組織と真っ向勝負 満月の夜の二元ミステリー』は、vermouth(ヴァームース)ことベルモットを軸にしたお話です。
 
ベルモットが哀ちゃんに狙いを定め、いつも一緒にいるコナンを引き離すために季節外れのハロウィンパーティーにコナンを招待するんです。
 
100巻が刊行された今でも謎のまま回収されていない伏線(灰原が作っていた薬は何か?ベルモットが歳を取らないのはなぜか?)が貼られていたり
 
ジョディ・スターリングとベルモットの過去の因縁が語られたり
 
NYで新一と蘭が遭遇した通り魔がベルモットだったことが判ったり
 
ジョディと赤井秀一がFBIのエージェントだと判明したり
 
新一の母有希子の変装の腕がめちゃめちゃ上がっていたりなど、見どころがありすぎて(汗)
 
今ではすっかりコナンと親しくなっているジョディや赤井さんがまだ敵か味方かわからなかった時代のお話なので、
 
それを踏まえて見ることをおすすめします。

主な登場人物

江戸川コナン
工藤新一
毛利蘭
毛利小五郎
服部平次
阿笠博士
灰原哀
ジョディ
ジン
ウォッカ
鈴木園子
工藤有希子
ベルモット
赤井秀一

私が見ていて一番驚いたのは、蘭が飛び出してきて哀ちゃんを身を挺して守るシーンです。

平次と赤井さんの登場のしかたもカッコいいですが、このエピソードの蘭には勝てませんね~。

銃で狙われてるわけだから、命がけですよ。それでも飛び出しちゃう蘭がほんとにすごい。

この事件をきっかけにして、哀ちゃんは蘭と打ち解けていくんですよね。

現在も謎のままの要素がいくつも散りばめられてるエピソードだけあって、今見直してみても改めて面白いなぁ~と思うエピソードです。

名探偵コナン季節外れのハロウィンパーティーまとめ

名探偵コナンには季節外れのハロウィンパーティーのエピソードがあります。

TVアニメの第9シーズン345話(2時間スペシャル)『黒の組織と真っ向勝負 満月の夜の二元ミステリー』

原作漫画では42巻のFile5-10があてはまります。

100巻が刊行された現在でも回収されていない伏線が貼られている超重要なお話なので、ぜひ御覧ください!

タイトルとURLをコピーしました