スパイ教室モニカの恋愛!好きな人を裏切り仲間を攻撃した理由についても

『スパイ教室』のモニカには好きな人がいて、告白もしましたね!

現在その恋はどうなっているのか?が気になるところです。

また、モニカは一度「灯」を裏切りましたが、その理由には好きな人が関係していましたね。

モニカの恋の相手は誰か?現在どういう関係になっているのか?も含めモニカについて詳しく解説します。

スパイ教室・コードネーム《氷刃ひょうじん》のモニカとは?

スパイ教室の《氷刃ひょうじん》のモニカとはどんなキャラクターなのでしょうか?

プロフィール(誕生日・年齢など)

モニカのプロフィールをご紹介します。

コードネーム 氷刃ひょうじん
誕生日 5月18日
年齢 16歳
髪の色 蒼銀髪
特技 盗撮
決めゼリフ 「時間の限り、愛し抱け。」
一人称 ボク

pixivによると、身長150cm・体重41kg・バストサイズBということなのでかなり小柄です。

16歳の高校1年生の平均身長を検索してみたら157.1cmと書いてあったので、モニカは小学校高学年の子供の身長ということですね。

見た目で油断するとあっという間にやられてしまう怖い存在ですw

モニカのコードネームが《氷刃ひょうじん》になった理由は、モニカがスパイ養成機関でわざと手を抜いたからです。

《氷刃》には「凍り付いて使い物にならない刀」という隠揄があるためこのコードネームになりました。

髪の色も蒼銀色でクールなイメージですよね。

特技・能力

モニカの特技は”盗撮”です。

「時間の限り、愛し抱け。」

が決めゼリフで、視界に入った空間内のものすべてを一瞬で撮影。その状況を記憶して精密な動作ができます(仲間には隠しています)。

相手に気づかせずに写真を撮影するだけでなく、それを記憶して動ける特技ということですね。

とある教会では、284丁もの時限式小銃を仕掛け、次々に銃が発射される中クラウスを攻撃するというとんでもないことをやりました。

身体能力だけでなく知識や技能も優れていて、初めて陽炎パレスで行われた鍵あけの実習ではただ一人南京錠を開錠することに成功。

スパイ養成機関では短い間にトップの成績を収めましたが、すぐに意欲を失い成績は低迷。そこで「灯」にスカウトされました。

あらゆることに秀でた「灯」の絶対的エースですが、少々傲慢なところがあり他のメンバーとは距離を置いてつきあっています。

スパイ教室モニカの恋愛相手・好きな人は?

スパイ教室・モニカの好きな人は誰なのでしょうか?

モニカの好きな人はリリィ

モニカの好きな人はリリィです。

本人がリリィへの気持ちを自覚したのは、第一巻で「屍」の任務を終えたあと。

ガルガド帝国の研究所でクラウスの師匠ギードと対決したときです。

ジビアと組んで立ち向かってもあっという間に倒されたモニカは、ギードのあまりの強さに”終わった”と気持ちをくじかれてしまいました。

しかしそこでギードに立ち向かったのがリリィでした。

強大な敵を前にしても一歩も引かない気持ちの強さに驚き、心に焼き付けられたんですね。

任務が終わって帰国するトラックの荷台で、ひとりひとりをねぎらうリリィが

モニカちゃんだって『極上の天才』だってことですよ!」

とモニカに抱きつきました!

ここで体が熱くなり体温の上昇や動悸を感じたモニカは、自分がリリィに対して恋愛感情を抱いていることを自覚します。

これは原作小説7巻で明らかになるのですが、原作の時系列だと1巻と2巻の間の出来事です。

つまり『スパイ教室』のかなり初期からモニカはリリィに対して恋していたことになります。

リリィの写真を持ち歩いている

モニカはよくリリィにマッサージをしてもらっていました。

そのときにこっそり撮った写真があり、リリィはそれを肌身離さず持ち歩いています。

スパイにとって恋人や家族は弱点になってしまいます。

できるだけそういう存在を持たない方が良いですし、写真を持ち歩くこともよくないのはモニカもわかっているはず。

でもそうせずにはいられないんでしょうね~。

ティアとクラウスは気づいていた

モニカに好きな人がいることに気づいていたのはティアとクラウスです。

ティアはモニカと目を合わせたとき

  • 「灯」の誰かに一途な恋心を抱いている
  • マティルダの一件(原作3巻の事件)ではその人のために「灯」に貢献した

ということを読み取っていました。

クラウスも、どういう方法でかはわかりませんが、モニカの好きな人がリリィだということに気づいており、”他のメンバーは気づいていないが自分だけに話してみないか”と上司らしく接しますがモニカは無言でした。

モニカは天才肌で一匹狼的なところがあるんですが、好きな人のためにとがんばってチームに貢献していたというのが、真剣な気持ちの表れですよね~。

モニカはリリィに告白

モニカはリリィに告白しています。

告白したのは原作7巻で、ティアとともにフェンド連邦の諜報機関CIMと全面対決したときでした。

「蛇」のメンバーとにらみ合いながら「灯」の通信機でリリィたちと連絡をとり、最後の切り札となるメンバー”炯眼”について伝えたあと

「ボクは、キミのことが好きなんだ」

とリリィに言ったんです!!公開告白ですね~。

女性同士の恋愛を「百合」といいますが、リリィは英語でLily=百合の花のことですし、アカシアの一種でモニカという花には「秘めた恋」という意味があるそうです。

名前に込められた意味から考えると、作者は最初からこのネタを仕込んでたのかな?という印象です。

モニカは一時死亡したと思われた

モニカは一時死亡したと思われていました。

時期としては告白のあと。モニカが本当は「灯」を裏切っていなかったことがわかり、「蛇」がモニカを追っているときです。

モニカは「焔」の《炮烙ほうらく》のゲルデの隠れ家のあるアパートにたどり着きます。

しかしそこで「蛇」のメンバーたちに襲われ、アパートは破壊され火事で焼け落ちたため死亡したと思われていました。

ただ、遺体が見つかっていなかったこと、アパートの地下室が本当の隠れ家だったことをサラが思い出したことから「灯」メンバーが再捜索を実施。

地下室でモニカを発見して保護しました。無事でよかった!

モニカとリリィのその後は?

現在原作の最新刊は8巻ですが、二人の仲は「灯」の仲間という立場から特に変化していません。

「灯」メンバーもモニカが告白したあとの二人の仲を気にかけていて、わざとリリィとモニカを二人きりにして盗聴器をしかけ、こっそり会話を聞こうとしていました。

しかしそれを知ったサラが”そんなの駄目だよ~”と盗聴を阻止。

読者としてもとても気になりますが、次巻以降にその後の展開が明らかになるのでしょう。

スパイ教室モニカの裏切りの理由は?

モニカが「灯」を裏切った理由とはなんでしょうか?

「蛇」がリリィを人質にしたから

モニカが「灯」を裏切った理由は、”リリィをフェンド連邦のダリン皇太子暗殺犯にする”と脅迫されたからです。

当時ダリン皇太子が何者かに暗殺され、フェンド連邦では大々的に犯人探しが行われていました。

もしもリリィが犯人に仕立てられるようなことがあれば国家的な大問題になり、リリィ個人はもちろんディン共和国が窮地に陥り「灯」も解体されてしまったでしょう。

それがわかっているだけに、モニカは要求を飲むしかありませんでした。

スパイにとって家族や友人、恋人の存在が知られることはタブーですが、モニカはその弱みを利用されてしまったんですね。

モニカが仲間を攻撃したのは裏切りを信じさせるため

モニカが仲間を攻撃した理由は、最初に「灯」の仲間をだまし、モニカが「蛇」に寝返ったと信じてもらう必要があったからです。

結果としてモニカの裏切りは一時的なものでしたが

  • グレーテの背中を斬りつけ重傷を負わせる
  • エルナを蹴り倒し頭から出血させる
  • ティアの右腕に傷を負わせる
  • アネットの肋骨を折り内蔵出血させる
  • フェンド連邦の防諜機関ベリアスの拠点を燃やす

という流血の大惨事&大火事を引き起こし、立ちすくむサラとリリィに「ごめん」という一言を残して姿を消しました。

何の相談もなくいきなりこんなことをされたら、モニカが裏切ったと思うほうが自然です。

そののちティアも巻き込んで「灯」を裏切って(いるように見せかけて)、「蛇」の《緋蛟あかみずち》となりました。

モニカは「灯」に復帰し《灰燼かいじん》に

一度は「灯」を裏切り「蛇」の《緋蛟あかみずち》となったモニカですが、ふたたび「灯」に戻り最新刊の8巻では《灰燼かいじん》と名乗っています。

なぜ「灯」に復帰できたかというと、モニカは「蛇」の一員になるとすぐダリン皇太子暗殺犯は自分だという嘘の新聞報道を流し、リリィと「灯」に危害が及ぶ危険を解消したからです。

「蛇」の意図としては、ディン共和国の「灯」のスパイがフェンド連邦の皇太子を暗殺したという筋書きでフェンド連邦のスパイ達にもクラウスを抹殺させたかったわけです。

しかし実際には、ガルガド帝国の「蛇」に寝返った元「灯」のスパイがフェンド連邦の皇太子を暗殺した事実(モニカとティアの裏工作によるでっちあげ)が報道されました。

つまりフェンド連邦とディン共和国のスパイが共同でガルガド帝国の「蛇」に対抗する大義名分を与えたことになり、「蛇」は思わぬ窮地に立たされたんですね。

モニカは最初からそのつもりで行動していて、ティアやグレーテも協力させ、クラウスには内緒で計画をやり抜きました。

それもすべてリリィや「灯」の仲間を想う気持ちからだと想うと、胸熱な展開ですね!!

「灯」メンバーを死亡させることはなかったですし、復帰後に多少アネットにボコられたようですが、まあそれは仕方ないんじゃないでしょうかw

スパイ教室・モニカの恋は今どうなってるかや裏切りの理由まとめ

ディン共和国のスパイチーム「灯」に所属するコードネーム《氷刃ひょうじん》のモニカについて詳しく解説しました。

モニカは5月18日生まれの16歳で、特技は”盗撮”。

視界に入ったもの全てを一瞬で記憶し精密な動作に活かすことができます。

同じ「灯」のリリィに対して恋愛感情を持っていて、写真も持ち歩いています。

ティアとクラウスはその気持に気づいていましたが、モニカは自分から相談しようとはしませんでした。

「灯」を裏切って「蛇」の《緋蛟あかみずち》として活動する中で、モニカはリリィに告白します。

告白後の二人の関係がどうなっているのかはまだよくわかりません。

モニカが「灯」を裏切った理由は、ガルガド帝国のスパイグループ「蛇」から、リリィをフェンド連邦皇太子暗殺犯にすると脅されたから。

リリィはクラウスに秘密でティアの協力を得て自分が暗殺犯であるとの新聞記事を発表。

ディン共和国や「灯」に影響が及ばない方法で決着をつけることに成功しました。

その後「灯」に復帰したモニカはコードネームを《灰燼かいじん》に改めました。

クールな印象のモニカがアツい気持ちを秘めて思い切った行動に出る様子にハラハラさせられっぱななし!面白かったです~!!

1期アニメではモニカがどう描かれるのか?とても楽しみにしています♡

『スパイ教室』の漫画が70%OFFで読める!

実は『スパイ教室』の漫画を70%OFFで読む方法があります!

  • マンガ全3巻(定価2,013円)603円

で読めるんです。定価で買うのはもったいないので、上手に割引クーポンを利用しましょう!

タイトルとURLをコピーしました