スパイ教室のギード!クラウスの師匠による裏切りの理由とは?

『スパイ教室』の原作1巻を初めて読んだとき、クラウスはなぜギードの裏切りを許したのか?がよくわからなかったんです。

ですがクラウスとギードの関係を拾っていくと、二人の間には”愛情”と呼べるものがきっとあったんだろうな~と思う部分が色々見えてきました。

クラウスとギード、スパイの師弟であり家族でもある二人の関係をネタバレ解説します!

 

スパイ教室のギードとは?

スパイ教室のギードとはどういう人物なのでしょうか?

ギードは「焔」のNo.2

ギードはディン共和国のスパイチーム「ほむら」のNo.2でした。

No.1はボスである《紅炉こうろ》のフェロニカでしたが、戦闘力に限れば《炬光きょこう》のギードが最強と言われるほど、その名は世界的にも有名でした。

クラウスを貧民街から救った恩人

ギードは幼いクラウスを貧民街から救い出してくれた恩人です。

今の僕がいるのはすべてアナタのおかげだ。
孤児だった僕を拾い、スパイに育て上げてくれた。
スパイ教室 1巻 

とクラウス自ら言っているように、孤児だったクラウスは孤児グループから孤立し孤独に死んでいくはずだったところをギードに救われました。

”クラウス”という名前もギードがつけたものですし、温かいベッドや食餌、お風呂、家族のような仲間も全てギードのおかげで手に入れたものでした。

クラウスの格闘術の師匠

世界最強のスパイと呼ばれたギードは格闘術を得意としており、「焔」時代のクラウスはギードから直接その技を伝授されました。

しかし結局は、何回戦っても勝てないままギードが亡くなりましたね。

クラウスが目標とする師匠であり、スパイとして生きていく方法を教えてくれた大先輩でした。

「焔」ではクラウスの兄貴分

ギードはクラウスの仕事の師匠であるだけでなく、家族でもありました。

任務から戻り陽炎パレスのソファでうたた寝するクラウスを見て、ギードは無防備すぎるとあきれていました。

口では色々言いながらもクラウスの好物のチーズケーキを買ってくるなど面倒見たよかったギード。彼はクラウスを可愛がってくれる年の離れた兄のような存在だったのかもしれません。

クラウス自身も「焔」は家族だったと言っています。

クラウスにとってギードを失うことなど考えたくないことだったに違いありません。

だからこそ裏切りを許してもう一度一緒にやろうと言ったのではないでしょうか。

師匠、二人でもう一度『焔』を始めよう。
スパイ教室 1巻

クラウスとって「焔」は家族であり、陽炎パレスでの家族団らんを取り戻したいと思って伝えた言葉だと思います。

原作ではクラウスの提案に戸惑いながらも「焔」を裏切った事情を話し始めたギードですが、「蛇」が関わっていることを告げた直後に何者かの銃撃によって死亡しました。

アニメでは一言絞り出すように言って亡くなってしまいましたね…。

守り抜け、今度こそ
アニメ3話

クラウスを銃撃からかばって死んだところが、いかにも兄貴分という感じで悲しかったです。

クラウスが唯一持ち帰った箱の中身が何だったのか、気になります。

スパイ教室のギードが「焔」を裏切った理由とは?

スパイ教室のギードの裏切りとは彼のどういう行動を指すのでしょうか?

暁闇計画ノスタルジアプロジェクト』を巡り「焔」のボスと対立

ギードはボスのフェロニカが進めようとした『暁闇計画』ノスタルジアプロジェクトを巡る意見の対立から、「焔」を裏切ります。

この計画の詳しい内容は不明ですが、ギードや白蜘蛛にとっては強者がさらに強くなる世界、弱者が生きていけなくなる世界がくると思えるらしいのです。

原作9巻からは新章が始まるようなので、そこで徐々に明らかになるでしょう。

「焔」を裏切り「蛇」の《蒼蠅あおばえ》になる

「蛇」の《蒼蠅あおばえ》となったギードは「焔」をおびき出して全員殺害することを提案し、No.3の《炮烙ほうらく》のゲルデを暗殺しました。

ギードはガルガド帝国が『暁闇計画』ノスタルジアプロジェクトを葬ろうとしていることを知り、スパイチーム「蛇」に参加。

ゲルデを自ら倒しただけでなく、「焔」の情報を提供してクラウス以外の全員を葬り去ることに貢献しました。

その結果「焔」は壊滅し「灯」が結成されたというわけです。

ちなみに『暁闇計画』ノスタルジアプロジェクトについては、フェロニカ、ギード、ゲルデは詳細な内容を知っていますがクラウスは計画の存在もまだ知りません。

原作では、読者に対しても内容は詳しく描写されていません。

ただ、フェロニカの側から見れば”次の世界大戦への備え”であり、ギードにしてみると”弱者が見殺しにされる計画”ということだけ書いてありました。

具体的にどういう計画なのか気になるところです。

「焔」の仲間を暗殺しクラウスもターゲットに

ギードは『暁闇計画』ノスタルジアプロジェクトについて知らないクラウスまで暗殺しようとしました。

その理由は、クラウスが世界最強のスパイに成長して「蛇」の活動を邪魔することがわかっていたからです。

そもそも「灯」のディン共和国と「蛇」を抱えるガルガド帝国は隣りあっており、世界大戦では連合国と枢軸国として戦った敵同士です。

その敵対関係は戦争終結後も変わっておらず、「灯」に与えられる任務は「蛇」の活動を妨害することになります。

つまりクラウスが世界最強のスパイになれば「蛇」は目的を達成できないのです。

そこでギードは弟子であるクラウスを暗殺しようとしました。

奈落人形のサンプルをエサに「灯」をおびき出し、少女たちを痛めつければ仲間を見捨てられないクラウスが必ずやってくると予想してのことです。

ただし、これは2回めの暗殺計画です。

1回目の暗殺計画が実行されたのは作品冒頭のシーンで、ギードが”自分なら断るような犬死にしろと言われているような任務”にクラウスを送り出したこと。

クラウスだけは個別に罠にかけなければ殺せないと考えてのことでしたが、予想に反してクラウスは生き延びました。

ギードが「いってこい」と、今まで黙って送り出したことしかないのにクラウスに声をかけますが、ある意味家族への別れの挨拶だったのかもしれませんね…。

スパイ教室クラウスとギードの関係まとめ

スパイ教室・ギードの裏切りとは、「焔」の仲間だったゲルダを暗殺したことです。

それだけでなく、クラウスも暗殺しようとしました。

しかしクラウスはギードの裏切りを許し、二人でもう一度「焔」を始めようと言います。

その理由は、ギードがクラウスを貧民街から救い出した恩人だったこと、そしてスパイの師匠としてのクラウスを信頼し尊敬していたからでしょう。

それだけでなく、クラウスにとってギードは「焔」という家族の大切な一員でした。

全員がスパイの家族ですから、一度や二度の裏切りは問題ない、とクラウスが考えてもおかしくありません。

できることならもう一度「焔」として活躍するクラウスとギードが見たかった、家族が一緒にいられるようにしてあげたかったなぁ~と思います。

『スパイ教室』の漫画が70%OFFで読める!

実は『スパイ教室』の漫画を70%OFFで読む方法があります!

  • マンガ全3巻(定価2,013円)603円

で読めるんです。定価で買うのはもったいないので、上手に割引クーポンを利用しましょう!

タイトルとURLをコピーしました