SING2/シング:ネクストステージのゴリラのジョニー歌と曲名は?ダンスも上手い!

『SING/シング:ネクストステージ』の見どころといえば、やっぱりゴリラのジョニーの歌とダンスだと思います。

もちろん、稲葉浩志さん演じるクレイ・キャロウェイはカッコいいし歌もすごいんですが、今作でのジョニーの成長ぶりには目をみはるものがあるんですよ。

もう一度見たいジョニーの歌や曲名を、原曲も含めて解説します。そして歌う様子が見られる動画もご紹介しますね。さらにダンスもすごいので、ぜひご覧ください!

 

シング: ネクストステージのジョニーがヌーシーの前で歌う曲名は?

ジョニーがネコのダンサー、ヌーシーの前で歌う曲の名前や原曲と、そのシーンが見られる動画をご紹介します。

「ゼアズ・ナッシング・ホールディン・ミー・バック」

SING/シング: ネクストステージのジョニーの見せ場の一つは、ネコのダンサー、ヌーシーの前でアカペラで歌うシーン。

歌い出す曲は「ゼアズ・ナッシング・ホールディン・ミー・バック」。日本語版サントラにはタロン・エガートンとトリー・ケリーの歌が収録されています。

原曲は“There’s Nothing Holdin’ Me Back” by Shawn Mendesです。

ジョニーがレストランで歌うシーンの動画

今作のジョニーは、ステージでの弾き語りの他にダンスも披露することになりました。

歌いたい、ステージに立ちたいという想いを強く持っているジョニーですが、ムーンに紹介されたダンスレッスンでは有名な先生にいじめられ、すっかり自信をなくしてしまいます。

そんな時街で見かけたダンサー、ネコのヌーシーのストリートダンスに心奪われ、「ダンスを教えてほしい」と依頼するシーンです。

見ず知らずの人にダンスのコーチを依頼するために、大勢のお客さんがいるカフェで情熱を込めて歌を歌う。

有名な振り付け師の先生ではなく、自分が「この人すごい!」と思った人に教わる。

これってなかなかできることじゃないですよね?すごくないですか?

人前で歌う度胸もそうですけど、ヌーシーが情熱を傾けているダンスと同じくらい、自分は歌に賭けている、今度のステージに賭けている、自分はどうしても踊れるようになりたい!というジョニーの想いが伝わるシーンですよね~

第1作「SING/シング」のジョニーは、歌はうまかったものの自分に自信を持てない少年でした。

ギャングの父親からは銀行強盗の後を継ぐことを期待されていましたが、ジョニーは歌いたい気持ちが強く、期待に応えられないことに申し訳なさを感じていましたよね。

あの頼りなかったジョニーがここまで成長したんだな、って感動した場面でした。

ジョニーが本番ステージで歌う曲名や原曲は?ダンスがうまい動画は?

ジョニーが本番のステージで歌うシーンの曲名や原曲と、歌に続くダンスシーンが見られる動画をご紹介します。

「ア・スカイ・フル・オブ・スターズ」

『SING/シング: ネクストステージ』では、ジョニーのダンスが映画を盛り上げる見せ場の一つになってます。

弾き語りで歌う曲は「ア・スカイ・フル・オブ・スターズ」で、日本語版サントラには日本語バージョンの大橋卓弥さんの歌と、英語版のタロン・エガートン歌の両方が収録されています。

↓こちらは大橋卓弥さんの歌

↓こちらはタロン・エガートンの歌

↓原曲の“A Sky Full of Stars” by Coldplayです。

ジョニーの本番ステージの歌とキレッキレダンスの動画

歌を披露したあとに戦いの島のバトルの様子をダンスで表現するんですが、ステージに現れたのは一緒に練習してきたトラのライアンではなく、ジョニーをいじめた有名振付師クラウス!

明らかに予定とは違う状況に動揺したジョニーは、クラウスのダンスに圧倒され転倒。

ここまでだとめっちゃ消化不良な話なんですが、本当の見せ場はここからでした!

ジョニーの先生であるネコのダンサー、ヌーシーが、ジョニーを励ますためにドラム缶をドン・ドン、と叩きはじめるんですね。

いきなりアドリブが始まるんですが、一緒に練習した仲間たちがそのリズムに同調して、手に持った槍でドン・ドン、と床を叩き、その音に励まされるようにジョニーが立ち上がるんです。

クラウスと再び打ち合ったジョニーは、今度はクラウスを圧倒する強さで勝利しました!ここはちょっと感動的でしたねー。

SING2/シング: ネクストステージでジョニーが歌う曲とダンスまとめ

ジョニーがレストランで歌うシーンの曲は「ゼアズ・ナッシング・ホールディン・ミー・バック」。

ジョニーが本番ステージで歌うシーンの曲は「ア・スカイ・フル・オブ・スターズ」。この曲は大橋卓弥さんの日本語の歌もサントラ盤に収録されています。

ジョニーの歌声を聴いてダンスシーンを見て、あの感動をもう一度味わいましょう!!

タイトルとURLをコピーしました