ゴーストバスターズの初代メンバー!キャスト一覧と現在の姿も

2022年2月4日は『ゴーストバスターズ/アフターライフ』の公開日。最新作を見る前に、1作目のキャストである初代メンバーの顔を復習しておきましょう。

1984年に1作目が公開されてから38年が経過し、オリジナルキャストの中には故人となったメンバーもいますし、現在の姿が当時からかなり変化している人もいます。詳しくチェックしましょう!

 

ゴーストバスターズ初代メンバー4人のキャストと現在の姿

ゴーストバスターズの初代メンバー4人のキャストは次のとおりです。

ゴーストバスターズ初代メンバー一覧

ピーター・べンクマン博士(女好き):ビル・マーレイ
レイモンド・スタンツ博士(超常現象オタク):ダン・エイクロイド
イゴン・スペングラー博士(メガネの科学者):ハロルド・ライミス
ウィンストン・ゼドモア(唯一の黒人メンバー):アーニー・ハドソン

それでは一人ずつ、初代ゴーストバスターズのワンシーンとともに現在の姿も見ていきましょう。

ピーター・べンクマン役:ビル・マーレイ

初代ゴーストバスターズのメンバーの筆頭はビル・マーレイ演じるピーター・べンクマン博士でしょう

『ゴーストバスターズ』では常に女性を口説いていましたが、30年近く経った『ゴーストバスターズ/アフターライフ』ではどんなかたちで出演を果たすのでしょうか。シガニー・ウィーバーとの共演シーンがあるかも気になりますね!

彼は2003年に「ロスト・イン・トランスレーション」でゴールデングローブ賞の主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門) を受賞するなど演技派俳優としてのキャリアを築き上げてきました。2016年のリブート版ではマーティン・ハイス役でカメオ出演しています。

ビル・マーレイの現在の姿はこちらです。

レイモンド・スタンツ役:ダン・エイクロイド

初代ゴーストバスターズの出資者であり超常現象オタクだったレイモンド・スタンツ博士も忘れてはいけません。

レイモンド・スタンツを演じるダン・エイクロイドは故人となったハロルド・ライミスとともに『ゴーストバスターズ』『ゴーストバスターズ2』で脚本を担当し主演しました

ジョン・ベルーシとともに結成したバンド「ブルースブラザーズ」のミュージシャンでもあり、俳優としては1989年の『ドライビング Miss デイジー』でアカデミー助演男優賞にノミネートされるなど多方面に才能を発揮してきました。

俳優として活躍する傍らNYのハード・ロック・カフェ事業に出資するなど実業家としても成功を収めています。

2016年のリブート版ではタクシー運転手としてカメオ出演。これまでのゴーストバスターズシリーズ全てに出演しています。

現在のダン・エイクロイドの最近の姿はこちら。もちろん最新作でも登場の予定です。

イゴン・スペングラー役:ハロルド・ライミス

初代ゴーストバスターズのメガネの人、イゴン・スペングラー博士を演じたのはハロルド・ライミスです。

は自己免疫性血管炎による長年の闘病生活の末に、合併症で2014年2月24日に亡くなりました。68歳でした。2022年の最新作には過去映像のみで出演か…?と思いきや、意外にも新作映像が見られるとの情報も!

『ゴーストバスターズ』『ゴーストバスターズ2』で脚本も担当したハロルドは、監督も兼務して『アナライズ・ミー』(’99)や『アナライズ・ユー』(’02)など優れたコメディ作品を世に送り出した才人でした。

初代ゴーストバスターズの3人の博士の中では幽霊退治のメカニック開発を担当する地味な存在でしたが、最新作『ゴーストバスターズ/アフターライフ』ではイゴンの孫フィービー・スペングラーが主役となります。

ウィンストン・ゼドモア役:アーニー・ハドソン

初代ゴーストバスターズが忙しくなり雇われた4人目のメンバーがウィンストン・ゼドモアです。最初の映画では彼の採用シーンが見ものでしたが、最新作ではどのような出演を果たすのでしょうか。

ゴーストバスターズで注目されたことをきっかけに数多くのテレビ番組や映画で活躍を続けてきたアーニー・ハドソン。

2016年のリブート版にはビル叔父さん役でカメオ出演していました。最新作への出演も決まっているので、彼もシリーズ作品すべてに出演することになります。

現在の姿はこちらです。今でも若々しくて素敵ですね!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ernie Hudson(@ernie_hudson)がシェアした投稿

ゴーストバスターズ/アフターライフ出演のその他オリジナルキャスト

最新作『ゴーストバスターズ/アフターライフ』に出演する初代キャストは他にも二人います。彼らの現在についてもご紹介します。

ディナ・バレット役:シガニー・ウィーバー

シガニー・ウィーバーが演じていた演奏家ティナ・バレットも懐かしい初代キャストの一人です。

1979年『エイリアン』のエレン・リプリー役で人気女優となったシガニーは、『ゴーストバスターズ』のティナ役でさらにその人気を高めました。

その後も「ファインディング・ドリー(ファインディング・ニモの続編)」に本人役で出演するなど女優として主に映画で活躍しています。

シガニーは2016年のリブート版では映画の最後にカメオ出演しており、2022年の最新作でも最後にちらっと姿を見せるとの噂があります。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Sigourney Weaver (@official_sigourneyweaver)がシェアした投稿

ジャニーン・メルニッツ役:アニー・ポッツ

受付嬢ジャニーン・メルニッツも名物キャラとして愛されてきました。今作では予告編から赤いメガネで出演していますが、他にも出演シーンがありそうで気になりますね!

2016年のリブート版ではホテルのフロント係を演じたアニー・ポッツですが、最近では「トイ・ストーリー」シリーズで電気スタンドの人形ボー・ピープ役が人気を博しています。

ジャニーン・メルニッツを演じるアニー・ポッツの現在の様子はこちら。受付嬢時代をほうふつとさせるルックスですね!

ゴーストバスターズ初代メンバー・キャスト一覧と現在の姿まとめ

オリジナル・キャストとしてゴーストバスターズの初代メンバー4人に加えご紹介したディナ役・ジャニーン役のほか、せかせかしたメガネの税理士役リック・モラニスが懐かしい!という方がいるかもしれません。

彼は妻と死別したあと子どものケアのため活動をセーブ。最近は声の仕事をしているものの、表舞台での活躍は休止状態です。

ハロルド・ライミスが亡くなってしまったりと、キャストたちに変化はあるものの、ご紹介したメンバーが最新作『ゴーストバスターズ/アフターライフ』にどのような形で出演するのか楽しみですね!

タイトルとURLをコピーしました