虫かぶり姫アレクセイ・シュトラッサーが氷の貴公子なのはなぜ?声優についても解説

『虫かぶり姫』のアレクセイ・シュトラッサーは「氷の貴公子」と呼ばれる切れ者のイケメン。

サウズリンド王国王太子、クリストファー・アッシェラルドの右腕です。

サボりがちな王太子を探し出し、せっせと仕事をさせる役目を楽しんでいる(?)ように見えます。

なんで王太子にあんなに強く出られるんだ?と思ったら、なんとアレクセイはクリストファーのいとこだったんですね!

今回はアレクセイがどんな人物か、プロフィールと声優情報をお伝えします!

 

虫かぶり姫アレクセイ・シュトラッサーが氷の貴公子と呼ばれる理由

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

虫かぶり姫/一迅社宣伝(@mushikaburihime)がシェアした投稿

虫かぶり姫のアレクセイはなぜ氷の貴公子と呼ばれているのでしょうか?

女性だけでなく誰にでも冷静な態度だから

アレクセイは性別や年齢に関係なく誰にでも冷静な対応をするため、「氷の貴公子」と呼ばれています。

細面で整った顔立ちのスラリとした美男子で、イケメンなので色んな女性からアプローチされてますが、本人は興味なさそうです。

いわゆる仕事の鬼という感じで、クリストファーが関わる仕事のほとんどを取り仕切っている超優秀な人物。

どちらかというと色白で武闘派の気配はなく、いかにも切れ者という雰囲気。

仕事をサボってエリアーナとイチャついているクリストファーを見つけては、仕事に引きずり戻すことを生きがいにしています(笑)

婚約者を亡くした過去が関係してるのかも

アレクセイが恋愛に興味を示さないのは、過去に婚約者をなくしていることが関係あるかもしれません。

アレクセイが婚約者のリンジー・ラルシェン伯爵令嬢との婚約を正式に発表する前、王都での婚約式のため彼女を迎えにいったとき、突然沼に身を投げて死んでしまったのです。

エリアーナによって実は自殺ではなかったことがあきらかになるんですが、アレクセイの母親ロザリアによると、この件を口実に息子は恋愛や結婚を避けているとのこと。

婚約者を迎えに行ったら自殺された男、ということで当時アレクセイはかなりの批判を浴びたようです。

恋愛や結婚を避けたくなって氷の魔人と言われるほど仕事に励みたくなるのも無理ないですね。

虫かぶり姫のアレクセイはクリストファーのいとこ

虫かぶり姫のアレクセイはクリストファーの父方のいとこです、

アレクセイの母親が現国王の姉

アレクセイの母親ロザリアが現国王の姉なんですね。

ということは、アレクセイから見ると現国王の息子クリストファーは、母親の弟の子どもです。

アレクセイの年齢ははっきりしませんが、クリストファーより若干年上なようです。

年下のいとこに上から目線で接するのは、まあよくある話ですね〜。

アレクセイは王位継承順位第3位で王家の一員

アレクセイの母親は王女様だったということで、アレクセイも王家の一員です。

王位継承順位第三位と、実はけっこう高い順位がついています。

王位継承順位は現国王の息子クリストファーが第一位、現国王の弟テオドールが第二位。

作品中にはアレクセイ含め三人しか王位継承者が出てこないので、サウズリンド王家は早く男子が生まれないと消滅しそう。

アレクセイには浮いた話が全く無いんですが、誰かすてきな女性と心通わせて、ニコオッとする顔を見てみたい!ですw 氷よ、溶けて~!!

母親のロザリアと妹のテレーゼはエリアーナとなかよし

アレクセイの母親ロザリアと妹のテレーゼはエリアーナと仲良しです。

アレクセイの母親ロザリアは、かつて「氷の薔薇」と言われた美貌の持ち主で、シュトラッサー公爵夫人。

エリアーナと旅をする間に、夫の操縦方法やお妃としての心構えを教えていますw

妹のテレーゼは既婚者で、エリアーナの親友。

というわけでアレクセイは、クリストファーやエリアーナとは一生縁が切れそうもないですね~

アレクセイを演じるのは内山昂輝

内山 昂輝さんのプロフィールなどをご紹介します。

プロフィール

本名 内山 昂輝(うちやま・こうき)
出身 埼玉県
生年月日 1990年8月16日
血液型 A型
身長 177 cm
事務所 劇団ひまわり

内山さんは3歳から子役として活躍し、主に海外映画の少年の声などを担当していたそうです。

2005年に『キングダム ハーツII』のロクサス役で注目を集め、2011年に第5回声優アワード新人男優賞受賞。

2015年には東京アニメアワード2015にてアニメ オブ ザ イヤー声優賞を受賞しています。

代表作は、2016年から放映された機動戦士ガンダムUCのバナージ・リンクス役。

この役の最初のオーディションでは納得のいく候補が見つからず、内山さんは追加オーディションに参加。

その中でも最後に受けたのが内山さんで、彼の演技を聞いたスタッフの意見が一致しバナージ役に決まったのだとか。ちょっと運命的なものを感じますね。

現在も人気声優として活躍されています。

デビュー以降声が低く変化してきているそうですので、将来どんな声になっていかれるのか楽しみです♪

内山 昂輝のWeb発信

内山さんは公式noteで毎週1回有料の記事を配信しています。内容は映画の感想やエッセイです。

内山昂輝のオドリバ|note
こちらは内山昂輝の公式noteとなります。毎週1回有料記事(マガジン)を配信していきます(月4本予定)。内容は観た映画の感想や、エッセイなどを掲載していきます。更新は木曜日の予定です。よろしくお願い致します。※記事内容の無断転載は禁止となっておりますのでお控えください。

虫かぶり姫のアレクセイが氷の貴公子の理由と声優情報まとめ

虫かぶり姫のアレクセイがなぜ氷の貴公子と呼ばれているかというと、女性だけでなく誰にでも冷たい態度だからです。

婚約者を亡くした過去があるので、それが仕事の鬼になってることに関係してるのかも。

アレクセイは王太子クリストファー・アッシェラルドとは父方のいとこ同士。

アレクセイの母親が現国王の姉なので、クリストファーは母親の弟の息子になります。

実は王位継承順位第3位で、王家の一員なんですね。

アレクセイを演じるのは内山 昂輝さん。人気声優として活躍中で、noteで自ら映画の感想やエッセイを発信しています。

アレクセイが動く姿を見るのが楽しみですね!!

虫かぶり姫マンガ全巻を4,943円1,943で読むことができます!

詳細はこちらから
虫かぶり姫を安く読む・安く買うなら電子書籍!漫画も小説も全巻70%OFF!

タイトルとURLをコピーしました