魔王学院の不適合者レイとミサはいつから付き合ってる?今後どうなるかも解説

『魔王学院の不適合者』のレイとミサはいつから付き合っているのでしょうか?

そして二人の関係は今後どうなっていくのでしょうか?

詳しく解説します。

魔王学院の不適合者のレイとミサはいつからつきあってる?

魔王学院の不適合者のレイとミサはいつからつきあっているのでしょうか?

恋人として付き合うのはレイが一つ貝の首飾りをプレゼントした頃

二人が恋人同士になったのは、レイが一つ貝の首飾りをミサにプレゼントした頃からです。

「ぼくとつきあってください」「はい」みたいなわかりやすい会話はなかったのですが、お祭りの屋台でレイが買ったペアの貝の首飾りのうち、一つをミサにプレゼント。

翌日からミサは制服の上にその首飾りを身につけるようになりました。

この時点で二人が恋人同士になり、付き合い始めたといっていいでしょう。

レイがミサに一つ貝の首飾りをプレゼントした理由

レイがミサに一つ貝の首飾りをプレゼントした理由は、プロポーズでした。

実はそのネックレスは「ミシェンスの首飾り」と呼ばれるもので、現代では求婚の意味を持つアクセサリーです。

ミシェンスの首飾り
別名「一つ貝の首飾り」。ミシェンス貝の殻を半分にして一組の首飾りにしたもの。2,000年前の世界では、戦地に赴く男性が生まれ変わってもまた結ばれるよう想いを込めて恋人に贈るものだった。現代では求婚の意味を持つ。
ただし現代の魔族の間では知られておらず、ミサが金具を止めらずミーシャもサーシャも首飾りの意味を知りませんでした。
ミサも屋台のおじさんの言葉どおり「彼氏から彼女へのプレゼント」と思っていました。
しかしレイは2,000前人間の勇者カノンだった頃からの記憶があるのでこの首飾りのことをよく知っていたんですね。この時のレイは
  • 偽のアヴォス・ディルヘヴィアとしてアノスと戦い命を落とすかもしれない
  • もう一度生まれ変わったらミサと恋人になり幸せにしてあげたい
という想いからミサに首飾りをプレゼントしました。

レイがミサを好きになった理由は命がけで母親を救ってくれたから

レイがミサを好きになったのは、ミサが命がけで母親を助けてくれたからです。

ミサは半分精霊・半分魔族の半霊半魔で、同じく半霊半魔のレイの母親(育ての親)シーラに魔力を分け与えました。

人間でいえば血液を分け与えるようなものなので、ミサは命がけでシーラを救ったことになります。

なぜそこまでして助けてくれるのかとレイに聞かれたミサは

「……いつかなんて、待てませんよ。
あたしは今救いたいんです。
今、一人でも多く、苦しんでいる人を助けたい。」
魔王学院の不適合者 3巻

と答えます。それまでにも魔剣大会の頃からレイはミサに興味を持ち、サーシャとの対決を助けたりしていましたが、この出来事をきっかけに恋愛対象として惹かれるようになりました。

レイとミサの初キスはアニメ2期1話・原作4巻

レイとミサの初キスはアニメ2期1話・原作4巻です。

二人は魔剣大会の頃から両思いで、一つ貝の首飾りを身につける恋人同士だったものの、キスシーンはこのときが初めてでした。

原作小説では二人のやりとりがかなり楽しめるんですが、アニメでは短くなっていたのが残念です。

ぜひ原作で読んで頂きたいシーンですね!

魔王学院の不適合者のレイとミサのその後

魔王学院の不適合者のレイとミサのその後についてご紹介します。

レイの正体とミサの正体が明らかに

レイの正体が勇者カノンであること、そしてミサの真体がアヴォス・ディルヘヴィアであることが明らかになります。

レイの正体についてはコチラの記事が詳しいのでぜひごらんください。 

また、ミサの正体はアヴォス・ディルヘヴィアでした。 アヴォス・ディルヘヴィアを演じていたレイ(勇者カノン)にとって、真の暴虐の魔王アノスが転生した現在アヴォス・ディルヘヴィアは滅ぼすべきもの。 演じていた自分以外にもアヴォスが存在するようになるとは思わなかったことでしょう。 愛するミサを守りアヴォス・ディルヘヴィアだけを抹殺することはできるのか…? このあたりの内容はミサの正体として別記事にまとめる予定です! 二人の愛は試練に負けるようなやわなものじゃないので、大丈夫です!!

二人の愛が聖愛域(テオ・アスク)聖愛剣爆裂(テオ・トレアロス)を可能に

ミサとレイの愛情はゆるぎないものになっていき、聖愛域(テオ・アスク)を使えるほどに高まります。

聖愛域(テオ・アスク)とは、愛する者とともに戦い真実の愛を重ね合うことによって発動する魔法。

二人の愛が魔力となります。

そのエネルギーを剣にまとわせたものが聖愛剣爆裂(テオ・トレアロス)で、魔力を剣に集中させて光と炎を生み出し、敵を切り裂く魔法です。

二人はこの魔法を武器にシンと戦い、ダメージを与えました。

過保護なミサ父シンVS婿レイのやりとりが楽しい

ミサの父親であるシンは、レイの実力やミサへの愛情を認めているものの、親として娘を溺愛するあまり二人の交際や結婚を素直に認められません。

  • レイが霊神人剣エヴァンスマナ、シンが略奪剣ギリオノジェスを手にして3本勝負(どちらかが3回死ぬまで勝負)
  • 湖の遠泳で両岸を往復する速さを競う

など、シンのほうから勝負を挑み色々な方法でレイより自分が上だということをアピール。

自分に勝てない男に娘はやれないと主張します。

このあたりは2期アニメで映像化される部分なので、早く見たいですね!

『魔王学院の不適合者 〜史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う〜』のマンガ最新刊まで全巻が定価2,608円782円で読める!

1,826円割引の詳細はこちら
「魔王学院の不適合者」の漫画を安く読む方法!電子書籍が全巻安いサービスまとめ
タイトルとURLをコピーしました