紅の豚モデルの国は?ジーナの島や家・アジトの場所などロケ地まとめ

スタジオ・ジブリの映画『紅の豚』で印象的なのは、キャラクターたちだけではありません。舞台となっているアドリア海沿岸の風景や、ジーナのホテル、ポルコのアジトなどの建物や自然の美しさに目を惹かれます。

モデルになった国はどこなのか、ジーナの島や家、ポルコのアジトのモデルになった場所・ロケ地をご紹介します。

 

紅の豚のモデルになった国はイタリア

『紅の豚』のモデルになった国はイタリアです。

紅の豚のロケ地はアドリア海沿岸

スタジオ・ジブリのHPのQ&Aページでは、各作品がどの場所を参考にして描かれているかが紹介されています。『紅の豚』は「アドリア海沿岸」との記載がありました。

STUDIO GHIBLI Q&A

アドリア海は、地中海の北部、イタリア半島とバルカン半島にはさまれた海で、古来から重要な海上交易路です。

イタリア側には「アドリア海の女王」と呼ばれたヴェネツィアなどの港があり、クロアチア側には「アドリア海の真珠」と呼ばれるドゥブロヴニクなどの保養地があります。

 

「アドリア海の真珠」と言われる美しい街ドゥブロヴニク

こちらがドゥブロヴニクを上空から撮影した画像です。映画とそっくりの雰囲気で、本当に素敵な町並みだと思いませんか?

ここは別名「アドリア海の真珠」と称えられる街で、1979年に世界遺産に登録されています。アドリア海沿岸で最も有名な保養地です。

ドゥブロヴニクがモデルになったシーン

飛行艇が街の上空を旋回するシーンや、ポルコがホテル・アドリアーノから街に戻るシーンなど、オレンジ色の屋根の街が映るシーンはドゥブロヴニクがモデルだと言われています。

ちなみに、ドゥブロヴニクは魔女の宅急便のモデルとなった街のひとつと言われているそうです。ジブリ好きな人なら、いつか行ってみたい場所ですね~

紅の豚ジーナの島や家のモデルになった場所は?

ジーナのホテルがある、あの美しい島やホテルのモデルはどんな場所なのでしょうか。

ジーナの島のロケ地はアドリア海に浮かぶムリェト島かも?

ジーナの島は、ホテル・アドリアーノとその奥の庭があるだけのもの。その島そっくりな光景が、アドリア海に浮かぶ小島ムリェト島にあるのです。

ムリェト島のマリア修道院がホテル・アドリアーノそっくり

※画像はwikipediaからお借りしました。

ムリェト島内の湖に浮かんでいるのがマリア修道院です。

建物の雰囲気や周辺の様子がホテル・アドリアーノによく似てますよね?

マリア修道院がモデルになったシーン

特に注目したいのは上空からホテル・アドリアーノを描写したシーン。

中でも映画のエンディングでフィオのモノローグとともに映し出されるホテル・アドリアーノをよく見てほしいんです。

ジーナの庭の先に、ポルコの紅い飛行艇が停まっています。ということは、ジーナは賭けに……?いやぁ、ニクイ演出ですよね!

紅の豚ポルコのアジトのモデルになった場所は?

ポルコのアジトやピッコロ工房のモデルになった場所はどこなのでしょうか。

ポルコのアジトのロケ地はギリシャ・ザキントス島のナヴァイオビーチ

ポルコのアジトのモデルになった場所は、ギリシャ共和国ザキントス島のナヴァイオビーチだと言われています。

別名shipwreck beachと呼ばれており、検索するとすぐに画像が出てきました。

ナヴァイオビーチは船でしか行けない「密輸者の入り江」

陸上の展望台から見えるのはビーチと難破船の一部で、陸上からこの入り江に行く手段はありません。上陸したい人は船のツアーに申し込む必要があるそうです。

navagio はギリシャ語で「難破」、shipwreck は英語で「難破船」という意味で、その名のとおりビーチには座礁して錆びついた船が今もそのままになっています。

1983年に嵐に見舞われ座礁したこの船は、イタリアの密輸船だとされていますが、船長がその噂を否定しており何の罪にも問われていないことから噂が独り歩きしているようです。

密輸船の噂によってSmugglers Cove「密輸者の入り江」とも呼ばれています。 

ナヴァイオビーチがモデルになったシーン

映画冒頭のポルコの隠れ家のシーンがナヴァイオビーチを思わせるシーンです。白い砂浜の上で、日差しを浴びながら気持ちよさそうにデッキチェアに寝転ぶポルコの姿が浮かんできます。

小さなボートがあったのも、陸上からは近づけないという設定ならうなずけます。一度でいいから、真っ白な砂浜で青い海を目の前にしてくつろいでみたい!最高の気分でしょうね~

紅の豚ピッコロ工房周辺のモデルになった場所は?

ピッコロ工房周辺のモデルになった場所は、ミラノのナヴィリオ運河周辺だと言われています。

ピッコロ工房のロケ地はイタリア・ミラノのナヴィリオ運河

ピッコロ工房のすぐ近くの運河は、ナヴィリオ運河をモデルに描かれたのではないかと言われています。

ナヴィリオ運河はミラノの繁栄を支えた運河のひとつで、当時は運河を利用して生活物資や石材を街の中心部に運び込んでいました。

時代の変化とともに列車や飛行機などの移動手段が増え、運河の大半が埋め立てられてしまいました。現在まで昔の姿を残しているのはナヴィリオ運河だけです。

アンティーク市が定期的に開催され、美味しいレストランもあるなど、ミラネーゼの注目を集めるオシャレなウォーターフロントになっています。

ナヴィリオ運河がモデルになったシーン

ポルコが機体の改修を依頼したピッコロ工房は、映画の中でもミラノにある設定でした。

修理が終わった機体で工房近くの運河から飛び立つシーンの風景が、ミラノのナヴィリオ運河にとても良く似ています。

紅の豚のモデルの国やジーナの島とポルコのアジトなどロケ地まとめ

ジブリ映画『紅の豚』は、イタリアが舞台です。街のモデルになったビーチや建物は主にアドリア海沿岸にあります。

クロアチアのドゥブロヴニクが街の風景、ムリェト島のマリア修道院がホテル・アドリアーノのロケ地ではないかと言われています。

また、ポルコのアジトのロケ地はギリシャ・ザキントス島のナヴァイオビーチ、ポルコが修理を終えたサボイアで離陸する運河はミラノのナヴィリオ運河がモデルだと言われています。

どの場所も、一度は行ってみたくなる素敵な場所ですね!

タイトルとURLをコピーしました