よう実・櫛田桔梗の性格は二重人格?なぜ正体を隠し表の顔と裏の顔を使い分けるのか?

『ようこそ実力至上主義の教室へ』の櫛田桔梗は、アニメ1期では誰にでも優しいし愛嬌があってかわいい、アイドル的人気を集めるキャラでした。

しかしアニメ3話でちらりと見えた裏の顔が気になった人も多いのでは?

そこで今回は、櫛田の性格は二重人格なのか?について解説。

なぜ正体を隠し表の顔と裏の顔を使い分けるのかご紹介します。

 

よう実・櫛田桔梗の性格は二重人格?

よう実・櫛田桔梗には表の顔と裏の顔があります。

彼女の性格は二重人格なのでしょうか?

櫛田の表の顔:男女共に絶大な人気を誇るアイドル的存在

櫛田桔梗は高度育成高校で綾小路や掘北と同じクラスの女子。

櫛田の表の顔は、男女共に絶大な人気を誇るアイドル的存在

クラスメイトからの信頼もあつく、一人になりがちな綾小路清隆や堀北鈴音にも気さくに接しています。

「ここにいる全員と仲良くなりたい」と自己紹介するなど、いつも笑顔でみんなに優しく話しかける、可愛らしく社交的な美少女です。

2年生編になり学校で導入されたOAAというアプリによると、櫛田は

学力 B
身体能力 B
知性 B-
判断力 C+
協調性 A

という判定で、特に協調性については入試の面接で満点をとるなど校内屈指の実力の持ち主です。

交友関係が広く他クラスや他学年に及んでいるのも納得ですね。

初登場シーンのバスの中ででいきなり「誰かおばあさんに席をゆずってもらえませんか?」と言えるあたり、ちょっと普通じゃない”いい人”オーラをまとっています。

櫛田の裏の顔:いい人を演じるストレスで毒を吐く女

櫛田の裏の顔は、いい人を演じるストレスから毒を吐かずにはいられない女です。

櫛田には自分の事を知っている人全員から認められたいという、異常なほど強い承認欲求があります。

そのため、嫌いな人間に対しても優しく振る舞ってしまい、そのことで強いストレスを溜め込んでいます。

ストレスの発散方法は、誰もいない場所で思いっきり毒を吐くことです。

ある時綾小路は櫛田が「死ねばいいのに」「あのくそ女」などと毒を吐きながら柵を蹴っているところを目撃

櫛田はそれに気づくと、普段からは考えられないような強い口調で口止めします。

さらに強引に自分の胸を触らせて、もしバラしたら強姦されたと言うからと脅迫しました。

話が終わると「また秘密が増えちゃったね」なんて笑ってみせるところが腹黒いですね。こわっ!

よう実・櫛田は二重人格なのか?

表の顔と裏の顔を巧みに使い分ける櫛田ですが、彼女は二重人格なのでしょうか?

にじゅう‐じんかく〔ニヂユウ‐〕【二重人格】
一人の人間の中に二つの全く異なる人格が交代して現れること。互いに他方の人格にあるときの行動を想起できない。三つ以上の人格が現れる場合は多重人格という。
デジタル大辞泉
二重人格というのは、一人の人間の中に、お互いのことを知らない二人の人格が存在することを指すんですね。
櫛田の場合は自分が表と裏を使い分けている自覚があるので、二重人格ではありません。
櫛田ぐらいほぼ完璧に裏の顔を隠蔽している女子が身近にいるのかもと思うとちょっと恐ろしくなりますね(汗)

なぜ正体を隠し表の顔と裏の顔を使い分けるのか?

櫛田はなぜ自分の正体を隠し、表の顔と裏の顔を使い分けるのでしょうか?

それには櫛田の中にある強烈な欲求が関係しています。

よう実・櫛田桔梗の正体は「承認欲求のオニ」

私は一番でありたい!糞みたいなストレスを抱えてでも、愉悦に浸っていたい!
ようこそ実力至上主義の教室へ 2年生編 5巻p288

櫛田の正体は、承認欲求のオニです。表の顔と裏の顔を使い分ける理由は、彼女が異常なほど強い承認欲求を持っており、それを満たすことが生きがいだからです。

”櫛田さんていつも優しいよね”
”きょーちゃんじゃなきゃこんな事話せないよ”
”櫛田ちゃんマジ天使だよ!”

こんな言葉をかけられることが、彼女の生きがい。

クラス内だけでなく学校中の全員から「親身になって話を聞いてくれるいい人」と思われていたいという強烈な欲求を持っているのです。

それを満たすために、彼女は毎日必死で自分の本音を押さえつけています。

誰もいないとき、本性むき出しで毒を吐かずにはいられないほどに。

正体を隠す理由①学校のアイドルでいたいから

櫛田にとって「男女共に絶大な人気を誇るアイドル的存在」という表の顔を維持することが生きがいになっています。

そうでないと、自分の強烈な承認欲求を満たすことができないからです。

幼い頃勉強も運動もよくできる優等生だった櫛田。

しかし学年が上がるにつれ勉強でも運動でも目立てなくなり、クラスでの存在感が薄れてしまいます。

そこで彼女は自分の協調性を武器に、皆から信頼を集め最も注目される存在になることを目指しました。

その方法は大成功を収めていますが、心の中だけではストレスを処理できず、一人きりのときに陰口を言いまくっています。

正体を隠す理由②過去を隠したいから

櫛田は裏の顔がバレて学級崩壊させた過去を隠したい、絶対誰にも知られたくないと考えています。

中学時代の櫛田は、ストレスのはけ口として匿名のブログを作り、他人の悪口を書いていました。

しかしクラスメイトにブログの存在がバレてしまいます。

皆から責められ追い込まれた櫛田は、なんとブログに書いていなかったことも含めてあらゆる秘密を暴露

クラスメイトたちは互いに言い合いやつかみ合いのケンカをするなど人間関係がズタズタになり、学級は崩壊しました。

櫛田は学校のアイドルでいるために、自分の黒歴史を絶対に知られたくない、知っている人間は学校から追放してやる!と思っています。

しかし2年生編の5巻、夏休み明けの満場一致試験では綾小路の策略にはまって櫛田の過去や裏の顔がクラスメイトに暴露されてしまいました。

今後櫛田がどういう活躍を見せてくれるのか、とても楽しみです!!

よう実・櫛田桔梗の性格は二重人格?なぜ正体を隠すのかまとめ

よう実の櫛田桔梗は男女問わず人気を集める、学校のアイドル的存在。「全員と仲良くなりたい」という社交的な美少女です。

しかし表の顔を維持するために裏で大きなストレスをかかえており、誰もいない場所で一人毒を吐いています。

彼女がそこまでして表の顔を守るのは、自分の強烈な承認欲求を満たすため。学校のアイドル的存在として一番でありつづけるためです。

裏と表のギャップが激しいことにちょっと驚いてしまいますが、トップの座を守り続けるための涙ぐましい努力は尊敬に値します。

今後櫛田がどう変わっていくのか注目ですね!

▶ようこそ実力至上主義の教室へのマンガ全巻を1冊あたり605円⇒378円で読むことができます!

詳細についてはこちら
ようこそ実力至上主義の教室への電子書籍が安いサイトまとめ!全巻40%OFFで買える!

 

タイトルとURLをコピーしました