妖狐×僕SSいぬぼくの死亡シーンと死亡キャラ一覧!青鬼院蜻蛉の死亡についても

※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

『妖狐×僕SS』(いぬぼくシークレットサービス)は藤原ここあ先生の代表作として人気の漫画ですが、実は原作漫画ではアニメよりも鬱展開が続き、次々に登場キャラが死亡します。

今回の記事では死亡キャラを一覧でまとめてご紹介します。

広告

妖狐×僕SSいぬぼくの死亡キャラ一覧

『妖狐×僕SS』(いぬぼくシークレットサービス)の原作漫画で死亡するキャラクターを一覧表でまとめました。

死亡キャラクター名
1 髏々宮カルタ(ろろみや・かるた)
2 渡狸卍里(わたぬき・ばんり)
3 雪小路野ばら(ゆきのこうじ・のばら)
4 御狐神双熾(みけつかみ・そうし)
5 白鬼院凜々蝶(しらきいん・りりちよ)
6 夏目残夏(なつめ・ざんげ)
7 鴉丸 クロエ(からすま・くろえ)
8 悟ヶ原思紋(さとりがはら・しもん)
9 青鬼院蜻蛉(しょうきいん・かげろう)
10 犬神命(いぬがみ・みこと)
広告

いぬぼくの主要キャラクター・登場人物の死亡シーンを解説

『妖狐×僕SS』(いぬぼくシークレットサービス)の主要キャラクター・登場人物の死亡シーンをそれぞれ解説します。

実はいぬぼくは転生ものでして、

  1. 第1章(1~4巻):正規ルート(ほぼ全員死亡)
  2. 第2章(5~8巻):正規ルート後の転生ifルート
  3. 第3章(9~11巻):正規ルートでタイムカプセル用の穴を掘る時点からのやり直し

という順番でストーリーが進みます。この前提で記事をご覧ください。

髏々宮カルタ(ろろみや・かるた)

髏々宮カルタは作品中で最初に死亡するキャラクターで、変化すると巨大な「がしゃどくろ」になります。

  1. 第1章:がしゃどくろの姿から戻れず自我を失い妖怪として駆除され死亡。享年17歳。
  2. 第2章:第1章の記憶を持って転生し全員生き残る方法を選ぼうと提案する。
  3. 第3章:百鬼夜行阻止に参加後は、渡狸とカップルになっている。

第1章では大晦日に妖怪に襲われ、脇腹を食いちぎられて重傷を負いました。その時に受けた犬神命(いぬがみ・みこと)の呪いが発動し、数週間後にはがしゃどくろの姿から戻れなくなります。

自我を喪失してしまい、雪小路野ばら(ゆきのこうじ・のばら)を襲ったのち青鬼院蜻蛉(しょうきいん・げろう)や御狐神双熾(みけつかみ・そうし)も襲っていました。

最終的にはただの妖怪として駆除され死亡しました。

渡狸卍里(わたぬき・ばんり)

渡狸卍里(わたぬき・ばんり)は豆狸に変化するキャラクターで、髏々宮カルタとは幼なじみ。彼女に好意を持っています。

  1. 第1章:人間に戻れなくなったカルタに寄り添い百鬼夜行との戦闘で死亡。享年16歳。
  2. 第2章:第1章の記憶を失って転生。「強くなってカルタを守る」信念は変わらない。
  3. 第3章:第2章で友人となっていた命を止めようとする。

がしゃどくろから戻れなくなったカルタに対して、「だからなんだっ!!」「俺がずっと一緒に居てやる…!!一緒に居よう…!!」と渡狸が声をかけるシーンにはグッときます。

自我を失っていくカルタの傍らに寄り添っていた渡狸ですが、具体的な描写はないものの、百鬼夜行の妖怪たちと章樫館の入居者たちの戦いの中で命を落とします。ifルートでは記憶を失って転生しました。

広告

雪小路野ばら(ゆきのこうじ・のばら)

雪小路野ばら(ゆきのこうじ・のばら)は雪女の先祖返りで女体にこだわりがあります。好みの女性を見かけると「メニアック」と口にするキャラです。

  1. 第1章:百鬼夜行を追う中で死亡。享年22歳。
  2. 第2章:第1章の記憶を持ち、連勝と同居しながら生存。
  3. 第3章:百鬼夜行阻止を決意し、見合いから脱出して妖館へ戻る。

第1章では自我を失ったがしゃどくろ(髏々宮カルタ)から攻撃を受けたのち、百鬼夜行の妖怪たちとの戦闘で死亡したようです。

死亡シーンはないものの、第2章で年齢が若返って転生したことから死んだのは間違いありません。

御狐神双熾(みけつかみ・そうし)

御狐神双熾(みけつかみ・そうし)は九尾の狐の先祖返りで、凜々蝶のSS(シークレットサービス)を務めています。凜々蝶のことが好きすぎるヤンデレキャラです。

  1. 第1章:百鬼夜行を率いる犬神命に斬られて死亡。享年23歳。
  2. 第2章:記憶を失って転生。凜々蝶とわかりあえず苦悩するが最終的には和解する。
  3. 第3章:未来からの手紙と予言を受け、百鬼夜行の阻止に尽力。凜々蝶と幸せになる。

第1章では凜々蝶を守るため命(みこと)の前に立ちはだかりますが、分身が首を落とされました。御狐神の本体は分身が受けた影響をそのまま受けため、直後に首から血を流して絶命します。

「貴女に会えてよかった」と最後まで凜々蝶にほほえみかけながら逝ってしまうシーンが切ないです。。

広告

白鬼院凜々蝶(しらきいん・りりちよ)

『妖狐×僕SS』のヒロイン凜々蝶(りりちよ)は鬼の妖怪の先祖返りで、御狐神双熾(みけつかみ・そうし)とは恋人同士でした。

  1. 第1章:御狐神の死亡を目の前で目撃。百鬼夜行を追う闘争で死亡する。享年16歳。
  2. 第2章:転生後、前世の記憶を取り戻し再び犬神命と戦うが深手を負う。
  3. 第3章:百鬼夜行阻止のために仲間と協力し、御狐神双熾と和解。

凜々蝶は自分を守るために御狐神が犠牲になったことで心に深い傷を負い、御狐神が死亡したあともその遺体から離れようとしませんでした。

凜々蝶自身が斬られるシーンはありませんが、第2章で転生したことから1章で死亡したのは間違いありません。

転生後も御狐神死亡の記憶が彼女の行動に影響を与え続けることとなります。

夏目残夏(なつめ・ざんげ)

夏目残夏(なつめ・ざんげ)は百目(全身に多くの目がある妖怪)の先祖返りで、予知能力を持っています。

  1. 第1章:慕っていた御狐神の死亡後に病死する。享年24歳。
  2. 第2章:前世の記憶を持ったまま転生。
  3. 第3章:ifルートの未来の変化と、主要キャラの幸福な未来を視る。

右目の包帯を外すと額や手のひらにも目が現れ、より強力に視えるようになるものの体に負担がかかります。

第1章で死亡した際は、カルタの居場所を特定するため能力を解放したことで衰弱していました。

広告

鴉丸 クロエ(からすま・くろえ)

鴉丸 クロエ(からすま・くろえ)はからす天狗の先祖返りです。凜々蝶たちが所属する妖怪先祖返りコミュニティのリーダー、悟ヶ原思紋(さとりがはら・しもん)の護衛を務めています。

強い人との激しいバトルが大好きな女子です。

  1. 第1章:20歳で登場し自我をなくした先祖返りの妖怪たちを駆除。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              
  2. 第2章:思紋の護衛として再登場。犬神命と対決して自我を失った。
  3. 第3章:登場せず。

実は第1章・第2章での生死は不明ですが、2章では髪型が長髪になるなど外見が変化しているため第1章で死亡した可能性が高いと思われます。

悟ヶ原思紋(さとりがはら・しもん)

悟ヶ原思紋(さとりがはら・しもん)はサトリの先祖がえりで、手で触れたものの記憶を読み取る能力があります。

凜々蝶たちが所属する妖怪コミュニティのリーダーで、囚われていた御狐神を救い出す手助けをするなど影響力の大きい人物です。

  1. 第1章:一生を屋敷の中で過ごし、百鬼夜行が終わったのち死亡。
  2. 第2章:少女の姿で転生。家から出られないため夏休みの体験をゲームで行う。
  3. 第3章:百鬼夜行を止めることに協力するが、実は思紋こそ百鬼夜行の黒幕と判明。

思紋の手引により幼なじみの犬神命が妖怪・千年桜に触れて不老不死になったことに責任を感じ、「わし其方そなたの未練ある時間になろう」と告げました。

百鬼夜行は物語(さまざまな経験をした妖怪の先祖返りたちの遺体の記憶)を思紋に提供し続ける手段として命(みこと)が繰り返し行っていたことです。

思紋はそれを知りつつも物語への依存を断ち切ることができませんでした。

広告

青鬼院蜻蛉(しょうきいん・かげろう)

青鬼院 蜻蛉(しょうきいん・かげろう)は白鬼院凜々蝶と同じく鬼の先祖返りで、常にドミノマスクを装着しています。

「よろしく肉便器ども」「愛のあるドS参上!」など尖った発言が多いのが特徴です。

  1. 第1章:百鬼夜行を追う中で妖怪たちとの闘争により死亡。享年24歳。
  2. 第2章:前世の記憶を持って転生。凜々蝶の同級生になった。
  3. 第3章:百鬼夜行について独り情報収集を行い遺体として発見されたが偽装だった。

第1章では、人間に戻れなくなったカルタを救うため野ばらや御狐神とともに百鬼夜行の妖怪たちと対決しますが、戦いの中で死亡します。

第3章では単独行動で百鬼夜行の秘密を探り出し、黒幕が思紋であることを突き止めたものの遺体として発見されました。

しかし棺に収められたあと生き返り、百鬼夜行を止めるため鴉丸クロエと対決します。

犬神命(いぬがみ・みこと)

犬神命(いぬがみ・みこと)は犬神の先祖返りです。百鬼夜行を行うため先祖返りたちの自我を失わせ、本能を呼び覚ましています。

  1. 第1章:先祖返りたちの自我を失わせ百鬼夜行を実現。カルタを襲い御狐神を殺害。
  2. 第2章:渡狸と友人になる。23年前にもどり再び百鬼夜行を実現しようとする。
  3. 第3章:御狐神に斬られて致命傷を負う。渡狸や思紋に看取られつつ死亡する。

命(みこと)が百鬼夜行を繰り返していたのは、思紋に先祖返りたちの物語(人生の記憶)を届けるためでした。

思紋は手で触れた相手の記憶を読み取ることができる「サトリ」の先祖返りです。

百鬼夜行との戦いで思紋のコミュニティに属する者たちが死亡するたび、遺体は思紋のもとに送られ思紋は物語を読み取ることができます。

屋敷から一歩も出出られない思紋にとって物語はいつしか唯一の娯楽となり、年を重ねるごとにも物語への依存は強くなっていきました。

千年桜に触れて不老になった命(みこと)にとって、物語を提供することが思紋の心を自分につなぎとめる手段となっていきます。

ebookjapanなら『妖狐×僕SS』を6回使える70%OFFクーポンで安く読める!

実は『妖狐×僕SS』(いぬぼくシークレットサービス)の漫画を最大70%OFFで安く読む方法があります!

ebookjapanの「6回使える70%OFFクーポン」なら、2024年7月31日までは読みたい本が最大12,000円割引で読めてしまうんです。

ご覧のとおり、新規会員登録でもらえる70%OFFクーポンが、通常は1回最大500円×6回使用可能のところ

1回最大2,000円まで割引×6回使用可能

という破格のクーポンになっています。最大12,000円の割引を受けられるってすごいですよね。

2024年7月31日までの新規登録クーポンで『妖狐×僕SS』を安く買う方法とそのお値段を計算してみました。

【定価】完結11巻までの定価 6,100円 

【70%OFFクーポン適用後】完結11巻までの割引価格 1,830円    

1回目:1~5巻(定価2,750円) ⇒ 825円
2回目:6~10巻(定価2,750円) ⇒ 825円
3回目:11巻(定価600円) ⇒ 180円

このように3回に分けて買うことで、なんと4,270円も安くなるんです。画期的な安さですよね?

定価で買うのは非常にもったいないので、すぐもらえる割引クーポンを賢く利用しましょう。

「6回使える70%OFFクーポン」をもらう

購入した本はアプリで読めるので、ちょっとした待ち時間にヤンデレ御狐神みけつかみ凜々蝶りりちよの会話を楽しんだり、野ばらの「メニアーーーック」を読むことができます(笑)

『妖狐×僕SS』(いぬぼく)を無料で試し読みする

クーポンのもらい方や他サイトの価格をチェックしてから、という方はこちらの記事をどうぞ↓

『妖狐×僕SS』をebookjapanのクーポンで安く読む方法をご紹介中

妖狐×僕SSいぬぼくを安く読む・安く買うなら電子書籍!漫画が安いサイトは?

妖狐×僕SSいぬぼくの死亡シーンと死亡キャラまとめ

いぬぼくの死亡シーンと死亡キャラについて、青鬼院蜻蛉も含めてもう一度一覧でご紹介します。

死亡キャラクター名
1 髏々宮カルタ(ろろみや・かるた)
2 渡狸卍里(わたぬき・ばんり)
3 雪小路野ばら(ゆきのこうじ・のばら)
4 御狐神双熾(みけつかみ・そうし)
5 白鬼院凜々蝶(しらきいん・りりちよ)
6 夏目残夏(なつめ・ざんげ)
7 鴉丸 クロエ(からすま・くろえ)
8 悟ヶ原思紋(さとりがはら・しもん)
9 青鬼院蜻蛉(しょうきいん・かげろう)
10 犬神命(いぬがみ・みこと)

愛しい人と一緒に年を重ねていきたい、同じ経験を分かち合いたいという気持ちはどんな人も持っている気持ちだと思います。

『妖狐×僕SS』は、いま自分が手にしているものの大切さについてあらためてじっくりと考えてみたくなる作品です。ぜひ一度、読んでみてくださいね^^

タイトルとURLをコピーしました