虚構推理の岩永琴子と桜川九郎の関係は?ネタバレ・両思いで付き合ってるのか解説

『虚構推理』のアニメ2期が始まるというのに、岩永琴子と桜川九郎の関係はほとんど進展していないように見えます(笑)

そもそもこの2人、1期アニメを見る限り九郎がとことん琴子をいやがってるようにしか見えないんですが、本当につきあっているのでしょうか?

2人の関係をネタバレありで解説していきます。

 

虚構推理の岩永琴子と桜川九郎の関係は?

虚構推理の岩永琴子と桜川九郎の関係について解説します。

琴子は九郎と付き合っている

琴子の一目惚れから九郎と付き合うまでの流れはこちらです。

  • 琴子11歳(小6):一眼一足の「知恵の神」となる
  • 琴子15歳(高1):桜川九郎(20歳)に一目惚ぼれ
  • 琴子17歳(高3):九郎(22歳)が弓原紗季(23歳)と別れたと聞き猛アタック
  • 琴子18歳(大1):九郎(23歳、大学院1)とつきあっている

琴子が一目惚れして九郎に告白

琴子は九郎に一目惚れしてから2年間も片思いを続けたのちに告白して、九郎とつきあい始めました。

原作小説やマンガには、琴子が九郎に告白するシーンはあるものの、九郎がOKしたシーンは描かれていません。

琴子が大学生になったシーンで2人はつきあっていたことがわかるという感じですね。琴子の粘り勝ちのような印象です。

琴子が「知恵の神」になってから一目惚れしていますが、最初は九郎が妖怪と関わりのある存在だということを知らずに好きになっています。

なので最初に九郎に告白したとき、自分が一眼一足の「知恵の神」であることも伝えているのは、琴子らしいけど勇気あるなぁと思いました。

普通の男性だったら絶対引く内容ですからね~。

2人の出会いは”運命の出会い”だったのかもしれませんね。

 

虚構推理の琴子と九郎は本当につきあってる?

虚構推理の琴子と九郎は本当に両思いでつきあっているのでしょうか?

琴子と九郎は肉体関係がある(やった)のか?

まるで琴子のように直接的な表現になってしまいましたが、2人は肉体関係があるのでしょうか?

結論からいえば、やっています(少々下品ですみません)。

琴子自身の発言を信じるなら

  • 「未通女(おとめ)ではない」
  • 「こんなの破瓜(はか)の痛みに比べたら」

と言っているのでそういう行為があったのでしょう。

ちなみに破瓜(はか)というのは処女膜が破れることを意味する言葉です。

九郎は琴子のことが本当に好きなの?

九郎は琴子のことが好きなのか嫌いなのかわかりにくいですよね。

でも本当は大好きなんじゃないかな?と個人的には思っています。

好意がなければ、(口調はぞんざいですが)琴子の体調を気遣ったりしないと思いますし、(文句を言いながらも)学業の心配をしてレポートまで手伝ったりしないと思うんです。

大好きだという気持ちを表に出すと、琴子から”もっともっと”と言われるから出さないようにしてるのと、自分のほうが長生きだからわざと深く関わらないようにしてるんじゃないでしょうか。

琴子は明らかに肉食系女子で、九郎にパンツの柄をアピールして夜の奉仕を迫ったりなどを平気でします。

そういう女性としてのはじらいのなさみたいな部分は、九郎が明らかに嫌そうにしているので苦手なんでしょう。

琴子に迫られても作品中で「YES」と言ったことはないですし、キスシーンや抱擁シーンもありません。

アニメではいつも魚が死んだような目をしてイヤイヤ琴子につきあわされている顔が目につきますw

これ以上色々つきあわされたくないとは思っているので、うっかり好きだなんていってもっと色々させられることがないように予防線をはってるのかなと思います。

それと、これは個人的な邪推ですが、九郎は「件(くだん)」と「人魚」の肉を食べて未来視ができる&不老不死の肉体を手に入れているので一人の女性と深く関わらないようにしてるんじゃないでしょうか。

弓原紗季と別れたときもかなり心の傷は深かったようですし、自分が妖怪よりも怖ろしい生き物であることを受け入れてくれる琴子を喪うことがあれば、九郎の傷は取り返しがつかないものになりそうです。

九郎は今後琴子と対立する可能性も

ほかにも、小説最新刊の『虚構推理 逆襲と敗北の日』を読むと、九郎や六花が今後琴子と対立する存在になる可能性が出てきました。

もし将来的に敵対することがわかっているなら、愛情を注いだぶんだけ辛い思いをすることになります。

九郎はそうなったとき琴子や自分の心が傷つくことを避けたいのかもしれません。

琴子は「知恵の神」として、妖怪の世界の秩序と人間の世界の秩序の均衡を保つような役割を果たしています。

問題は、妖怪も恐れる不老不死の生き物という、どちらの秩序からもはみ出した存在が九郎と六花である、という点です。

九郎は六花と2人きりで話している時、本来自分たちが琴子の粛清の対象になる存在だとわかっているというようなことを言っていました。

少し先の未来が見え、自分が望む未来を選べるのが九郎の「未来視」の能力ですが、実は少し遠い未来のことも見えちゃってるんじゃないの~?と言いたくなるような内容です。

岩永琴子と桜川九郎、2人の関係が今後どう変化していくのか注目しつつ見守りたいと思います!

虚構推理の琴子と九郎の関係は?つきあってるのかネタバレまとめ

虚構推理の岩永琴子と桜川九郎の関係について、2人はほんとうに両思いでつきあってるのかネタバレ解説してきました。

虚構推理の岩永琴子と桜川九郎の関係は両思いで、琴子の一目惚れからスタートして告白。

一応両思いになり、おつきあいしています。

虚構推理の琴子と九郎は本当につきあってるのかというと、琴子の言葉を信じるなら九郎とは肉体関係があるようです。

九郎は琴子のことが本当に好きなのかわかりにくいですが、いつも琴子の身体や学業の事を気遣っていますし、恋人らしい行為に応じようとしないだけでめちゃめちゃ大事にしています。

九郎は今後琴子と対立する可能性もあるようなので、2人の今後に注目です!

ほぼ小説メインで読んできたんですが、マンガが安く買えることがわかって一気買いしてしまいました☆

絵がキレイで、琴子の可愛さと下品さが一段回強調された感じwマンガで読むのも面白いですね(笑)

『虚構推理』のマンガ全18冊が定価8,569円5,141円で読める!

割引クーポンの詳細はこちら
虚構推理の漫画や小説が安いサービスまとめ!電子書籍を安く読む方法

タイトルとURLをコピーしました