虚構推理・雪女の名前は?かわいい性格・何話に登場かネタバレ解説

『虚構推理』の雪女がすごくかわいいんですよ~!

名前はあるのか?

何話から登場するのか?

そして後日談などについてもまとめました。

ネタバレありでご紹介します。

虚構推理・雪女のプロフィール

虚構推理の雪女のプロフィールについて、わかっていることをご紹介します。

雪女の名前は?

雪女にはそれぞれ名前があります。

しかしよほど心を許した相手にしか名前を教えないものらしく、室井を助けた雪女の名前はわかっていません。

雪女には姉がいましたが、姉の名前も結局出てこないままでした。

雪女の年齢は?

雪女は江戸時代から生きています。

しかし一体いつごろから生きているのか正確にはわからないので年齢不詳です。

雪女の暦の感覚は人間とちがうらしく、今が10月だと言われればそうかと思い、3日前に何をしていたかと聞かれてもよくわからないといった程度のアバウトな時間感覚で生きています。

雪女には姉がいた

雪女には姉がいました。

『虚構推理』では妖怪にも兄弟や家族がいる設定のようです。

しかも、その姉と人間の男との間に息子がいました。

肉体関係を持つことができるというのも驚きですが、妊娠して子どもまでできるというのはびっくりですね~!

ちなみにお姉さんは江戸時代に亡くなっていて、愛した男性が亡くなったのち、後を追うように消えていったということです。

虚構推理の雪女はマンガや小説の何話に登場する?

虚構推理の雪女はマンガや小説の何話に登場するのでしょうか?

初登場はマンガ12巻30話

虚構推理のシリーズで雪女が出てくるのは、

  • マンガ:12巻30話~13巻33話・17巻51話~18巻60話
  • 小説:『虚構推理短編集 岩永琴子の純真』の「雪女のジレンマ」と「雪女を斬る」

となっています。

「雪女のジレンマ」の後日談が「雪女を斬る」

小説『虚構推理短編集 岩永琴子の純真』に収録されている「雪女のジレンマ」の3ヶ月後の後日談が「雪女を斬る」です。

マンガとの関係はこのようになっています。

小説 マンガ
雪女のジレンマ 12巻30話~13巻33話
雪女を斬る 17巻51話~18巻60話

虚構推理の雪女は見た目や性格のここがかわいい!

虚構推理の雪女は見た目や性格のどこがかわいいのか解説します。

雪女らしい外見

虚構推理に出てくる雪女は、色白の肌に切れ長の瞳で、いかにも雪女という外見がいいですよね!

着物も真っ白で雪の結晶モチーフの帯留めをしていたり、髪が内側だけ白いインナーカラーになっているところもおしゃれです。

身だしなみに気を配る

意外と身だしなみに気を配っているのが雪女。

室井昌幸の前に初めて現れたときも、雪女らしい服装で出てきてやったとか言っていましたが、TPOに合わせて洋服を変えています。

普段は家の中でも真っ白い着物を着て帯もきちんと締めるなど、いかにも雪女らしい格好で過ごしていますが、外出して洋服に着替えているときは雪女に見えません。

誰に言われたわけでもないのに自分からこんな事をするなんて、身だしなみに気を配ってて女子力高いなあと思いました。

おいしいものが好き

雪女のかわいいところは、何と言ってもおいしいものが大好きなところです。

ソフトクリームをなめているところ、カレーうどんを食べているところ、アツアツの天ぷらを喜んで頬張っているところなど、食べている時の表情はサイコーです。

何かごちそうしてあげたときに、相手から「おいしいおいしい」ってあんな風に感謝されたらすごく嬉しくなると思います。

言いたいことを言う

雪女が言いたいことを素直に口にする性格なのも可愛いところだと思います。

例えば”妻と離婚したのなら夜が寂しいだろう、相手をしてやってもいいぞ”とか、男性を口説くときもストレートな感じで裏表がない(笑)こういうところがいいですよね。

建前で話すのではなくて、雪女が言うことはみんな本心なんだろうなと思わせる素直さがいいのです。

気配りができる

雪女の気配りって、でしゃばりすぎず足りなくもなく絶妙だと思いませんか?

たとえば雪山で遭難した室井を助けたときも、お金を全部取るのではなく半分だけもらうとか。

室井をふもとに運んでいくときも、室井が変に疑われないようかまくらのようなものを作ってやって、一晩山で休ませてから運ぶとか。

自分の存在を人に知られないようにという考えかもしれませんが、人間である室井の立場にも配慮した言動ができるんですよね。

そこがすごいと思いました。

後日談で岩永が室井の家にいる雪女を訪ねてきたときは、室井にもっといい茶菓子をお出ししろとか言ってるし、温かい思いやりをもった可愛げのある妖怪ですよね。

虚構推理の雪女まとめ!名前やかわいい性格・何話に登場かまとめ

虚構推理の雪女のプロフィールのほか、かわいいところや何話に登場するかをまとめました。

雪女に名前はありますが、よほど親しい相手以外には教えません。

雪女の年齢は不明ですが、江戸時代から生きています。

雪女には姉がいましたが、江戸時代に亡くなりました。

虚構推理の雪女はマンガ12巻-13巻、17-18巻、小説『虚構推理短編集 岩永琴子の純真』の「雪女のジレンマ」「雪女を斬る」に登場します。

虚構推理の雪女のかわいいところは、

  • おいしいものが好き
  • 言いたいことを言う
  • 身だしなみに気を配る
  • 気配りができる

ところです。おいしいものを食べて幸せそうにする雪女の姿をアニメで見るのが楽しみです!

『虚構推理』のマンガ全18冊が定価8,569円5,141円で読める!

割引クーポンの詳細はこちら
虚構推理の漫画や小説が安いサービスまとめ!電子書籍を安く読む方法

タイトルとURLをコピーしました