虚構推理の岩永琴子!なぜおひいさまなのかや好き嫌いが分かれる理由についても

『虚構推理』のおひいさま、岩永琴子についてはかわいい、好きという声と嫌いという評価に大きく分かれているように思います。

私は大好きなんですが、嫌いという反応を示す人も多いみたいですね。

琴子のプロフィールをふまえて、おひいさまと呼ばれる理由や好き嫌いが分かれる理由を考察します。

虚構推理・岩永琴子のプロフィール

虚構推理の岩永琴子のプロフィールをご紹介します。

岩永琴子の年齢や身長

岩永琴子は大学1年生の18歳です。

身長は、大学生の中にいると中学生ぐらいに見えるという設定ですが、おそらく中3女子の平均の156.8センチよりも小さいのではないでしょうか。

九郎が琴子と一緒に歩いていたとき、警察官に職務質問されたこともあるようです(笑)

青少年といかがわしい行為に及ぼうとしたと誤解されたのかもしれません。

岩永琴子の髪型は

岩永琴子の髪型ですが、レイヤーの入ったショートカットで、毛先だけふんわりカールしている感じです。

普段は髪を結わえることはありませんが、なんとかポニテにできる程度の長さがあるようです。

岩永琴子の左足は義足・右目は義眼

岩永琴子の左足は義足で、右目は義眼ですがあまり目立ちません。

実は近所に義眼の女の子がいるんですが、目をキョロキョロするようなシチュエーションにでもならない限り、義眼だと言われるまで全然わからないものなんですよね~

なのでアニメでも義眼が目立たないのは納得できます。

義足をつけている彼女は、普段は両親からプレゼントされた特注の赤い杖を使っています。

しかし実は50m走を9秒台で走れますし、妖怪と戦うときも肉弾戦でそれなりにダメージを与えているので身体能力はある程度高いといえます。

『虚構推理』を見ててリアリティあるなと思うのは、琴子が義足を外してベッドに投げ出していたりとか、義足だけが外されて生活感ある空間に転がってる図が出てくるところです。

おそらく義肢を使ってる人にとってそういう光景は見慣れたものなんでしょうけど、普段見ない光景だから「おっ」と思いますよね。

そういう細かな演出が良くできてると思いますが、あんなに利用者の意志どおりに曲げ伸ばしできる義足は現実にはないと思います。

岩永琴子は一眼一足の「妖怪の神」

岩永琴子は一眼一足の「妖怪の神」だとされています。

小学校5年生のとき公園のベンチでうたた寝をしていたところ、妖怪たちに誘拐され「知恵の神」になるよう求められて承諾しました。

11歳で可愛らしいとはいえ妖怪変化に囲まれ神様になってくれと言われ、「はい」といえるところが琴子らしくて肝が据わってますよね。

しかも気がついたら右目と左足を切り取られていたという、事後承諾かよ!!と驚く出来事が起きても本人はそれを全く悲観していません。

一眼一足にされたものは、時に神への生贄いけにえにされたという
虚構推理 アニメ1話

と九郎が言えば

神と人をつなぐにえ、あるいは神の声を聞く巫女ともされています。
虚構推理 アニメ1話

と琴子が言うといった具合で、昔は不具者が智恵の優れた者と信じられていた、そのことを現代に当てはめてサクッと飲み込んでいるところがこの2人の不思議なところです。

本人も語っていますが古事記にはくえびこ(久延毘古)という神様が登場します。

古事記には久延毘古くえびこという神の名が記されている。
一本足で歩くことはできないが、世のこと をよく知るという知恵の神だ。また、1つ目のものも時に神、もしくはそれに近いものとして扱われていたという。
虚構推理 アニメ1話

岩永は現代のくえびことして存在しているわけですね。

桜川九郎とつきあっている

岩永琴子は桜川九郎とつきあっています。

九郎は琴子に対する態度がぞんざいで、2人のキスシーンや抱擁など恋人らしいシーンがほとんどないため、ファンの間でも本当につきあってるの??と疑問に思う人が少なくありません。

でも、2人は恋人としてお付き合いしています。

詳しくはこちらの記事に書きましたので、ぜひご覧ください↓↓↓

虚構推理・岩永琴子はなぜおひいさま?

虚構推理の岩永琴子はなぜおひいさまと呼ばれているのでしょうか?

おひいさまと呼ばれる理由

岩永琴子が「おひいさま」と呼ばれる理由はなんでしょうか?

「おひいさま」を漢字で書くと「お姫様」になります。

つまり、「おひめさま⇒おひいさま」というふうに音が変化しただけで、呼び方としては同じものです。

では岩永はなぜお姫様なのでしょうか?

岩永琴子は『イワナガ』という手堅い企業を経営する社長のご令嬢。

古い名家出身の、超がつくお嬢様です。

身長も中学生位に見える低さで人形のように可愛らしい見た目ですし、人間界ではお嬢様。

なので、妖怪たちは「おひいさま」と呼ぶことにしたようです。

虚構推理・岩永琴子とイワナガヒメの関係

岩永琴子がお姫様だと考えると、古事記のイワナガヒメと何か関係があるのか?と疑問を持つ人もいるかもしれません。

結論から言えば、悪縁を切って良縁を結ぶところや相手を呪ってしまう苛烈なところが岩永琴子に似ていると思います。

イワナガヒメとは、磐長姫・岩永姫・石長比売などの字で著される大山津見神(オオヤマツミノカミ)の娘です。

木花之佐久夜毘売(コノハナサクヤビメ)の姉でもあります。

コノハナサクヤビメとイワナガヒメは天照大神の孫である瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)のもとへ2人一緒に嫁ぎました。

しかしニニギノミコトは醜い容姿のイワナガヒメだけ送り返してしまいます。

この神話から、イワナガヒメには「縁切り」と「縁結び」の両方のご利益があるとされ、悪縁を切って良縁を結ぶ神様として祀られています。

父のもとに戻されたイワナガヒメは、ニニギノミコトとコノハナサクヤヒメの子の寿命を短くする呪いをかけたそうです。

それにより人間は寿命のある生き物になったと言われています。

虚構推理・岩永琴子の好き・嫌いが分かれる理由は?

虚構推理の岩永琴子が好きという人と・嫌いという人がはっきり分かれる理由はなぜでしょうか?

岩永が好きな人の意見

岩永が好きという意見をまとめると

  • 見た目が人形みたいでかわいい
  • 知的で上品
  • 頭脳明晰
  • 相手を論破するところがカッコいい
  • 九郎にべた惚れなのがかわいい

ということになるようです。

ある種のギャップ萌えというか、お人形のように可憐で可愛らしい女の子が実は右目と左足を失っていること、そしてそれを微塵も気にする素振りがない前向きさもポイントではないでしょうか。

さらにそこに、妖怪変化から崇められるという不思議な絵面と、頭脳明晰でどんな相手も論破して納得させてしまうというキレッキレの一面が加わるところが面白いですよね。

可愛らしくて才能にも立場にも恵まれているのに、成熟した女性としての落ち着きや色っぽさはカケラもない肉食系、というところも魅力だと思います。

琴子が嫌いな人の意見

岩永が嫌いという意見をまとめると

  • とにかくウザい
  • 九郎に付きまとう様子がストーカーっぽい
  • 下ネタが下品
  • 推理がこじつけに聞こえる
  • あらゆる事をお見通しで怖い

ということになるようです。

琴子がうざいのは、例えば九郎の元カノの弓原紗季を九郎に近づけまいとして煽ったり盛んに今カノアピールをしたりするところでしょう。

九郎に2年間も片思いしていたことや、九郎と出会ってからは妖怪に見張らせて九郎の行き先に先回りするなどちょっとつきまといすぎでは?と思う人もいるかもしれません。

また、事あるごとに九郎をベッドに誘ったり行為を強要しているように見えるのも、わがままで子供っぽい女の子に見える原因だと思います。

最も拒否反応が多いのは、岩永の下ネタですかね。たとえば

「九郎先輩のおかげで未通女(おとめ)ではありません」

「こんなの破瓜(はか)の痛みに比べたら」

とか、人前で何のためらいもなく下ネタを披露するので下品すぎるという人が多いようです。

他にも、頭がいいのはわかるけど死人を犯人に仕立てたり想像やこじつけで論破するってどうなの?とか

あまりにも頭がよすぎて何でもお見通しなのが逆に怖い

という意見も見たことがあるので、キレ者であることがマイナスイメージにもつながっているようです。

なぜ好き嫌いが分かれるのか?

岩永琴子の好き嫌いが分かれる理由はなぜなのか考えてみたのですが、一言で言えばアニメ的な類型あてはまらないからではないでしょうか。

琴子のような、小柄でお人形のように可愛らしいキャラクターなら、性格にも可愛らしさを期待するのが普通ではないでしょうか。

しかし岩永は「可憐で苛烈」と評されるように、一見ふんわり柔らかで美味しいスイーツのように見えても、実は激辛で噛みごたえのある料理のような存在です。

好きな人はやめられなくなるちょっとクセのある風味というか、万人受けはしないものの強烈なファンを生み出すのが岩永琴子ではないかと思います。

アニメ2期でもこれまで以上に活躍してくれそうなので、楽しみに見たいと思います!

虚構推理の岩永琴子・なぜおひいさまかや好き嫌い分かれる理由まとめ

虚構推理・岩永琴子について、なぜおひいさまと呼ばれるのかや好き嫌いが分かれるのはなぜなのか考察しました。

岩永琴子のプロフィールはこちら。

  • 年齢:大学1年生
  • 身長:中学生ぐらい(155センチ程度?)
  • 髪型:レイヤーが入って毛先がカールしたショートボブ

岩永琴子の右目は義眼・左足は義足で、一眼一足の「妖怪の神」としておひいさまと呼ばれています。

岩永琴子という名前は古事記のイワナガヒメとも関係があり、良い縁を結び悪い縁を切るというところが共通点です。

岩永琴子は桜川九郎とつきあっています。

虚構推理・岩永琴子の好き・嫌いが分かれる理由は、見た目のお人形のような可愛らしさと、頭脳明晰で肉食系の性格のギャップが好きか嫌いかでわかれているようです。

個人的には2期アニメの雪女の話で、室井さんとのやりとりが楽しみです♡

『虚構推理』のマンガ全18冊が定価8,569円5,141円で読める!

割引クーポンの詳細はこちら
虚構推理の漫画や小説が安いサービスまとめ!電子書籍を安く読む方法

タイトルとURLをコピーしました