シャドーハウス生き人形の服装の種類は?ポートレイトの詳細や着用シーンについても

『シャドーハウス』に出てくる生き人形たちの服は、いわゆるメイド服みたいですごく可愛いですよね!

実は洋服のタイプ・種類は4つあって、男女でデザインが違います。

お披露目が終わった後で初めて着るポートレイトなど、それぞれどんなシーンで着るか、服装によってやっていいこと・悪いことがあるのかなどまとめてみました。

シャドーハウス・生き人形の服装4つと着用シーンについて

『シャドーハウス』の生き人形たちが着る服の種類やタイプと、それぞれを着るシーンを解説します。

スタンダード

その名のとおり、生き人形の服装の「スタンダード」。他の服装の土台となる服です。

自分の部屋や、生き人形だけの授業などで着用します。

スタンダード(女子用)

スタンダード(女子用)のアイテム
髪飾り(黒リボン)
ワンピース(黒)
靴下(黒)
ボタンブーツ(白)

スタンダード(男子用)

スタンダード(男子用)のアイテム
ボタンシャツ(白)
ハーフパンツ(黒)
靴下
ロングブーツ(白)

メイドとバレット

シャドーハウスといえば、まず思い浮かべるのがいわゆるこの”メイド服”ではないでしょうか。

女子用が「メイド」、男子用が「バレット」と呼ばれています。

掃除や主人の部屋での仕事のときに着る服です。

メイド(女子用)

女子のポケットは大容量!

エミリコはパンちゃんやケイト様からいただいたパンを入れてることが多いですw

メイドのアイテム
髪飾り(黒リボン)
ワンピース(黒)
付け袖
襟付きエプロン
靴下(黒)
ボタンブーツ(白)

バレット(男子用)

バレット(valet)とは、主人の身の回りの世話をする従者(男性)のこと。

服装が役割を表してますね。

バレットのアイテム
付け襟
ベスト
ボタンシャツ(白)
ハーフパンツ(黒)
靴下
ロングブーツ

ポートレイト

ポートレイトは、お披露目後に与えられる服で「顔」が強調されるデザイン

そもそも”ポートレイト”といえば顔写真のことですよね。

この服は、生き人形がお陰様の「顔」として一緒に部屋の外に出るとき、必ず着用する服です。

これを着ている間は、お陰様より先に話したり「顔」同士で会話するのはルール違反

ポートレイトを着ている生き人形は、あくまでもお陰様の顔の表情を映し出す役目に徹するものなのです。

ポートレイト(女子用)

ポートレイト(女子用)のアイテム
髪飾り(黒リボン)
付け襟
ワンピース(黒)
付け袖
手袋
ストッキング
革靴

ポートレイト(男子用)

ポートレイト(男子用)のアイテム
付け襟
付け袖
手袋
ボタンシャツ(黒)
ハーフパンツ(黒)
タイツ
革靴

すすコート

すすコートはこびりつき退治など、大掛かりなお掃除の時に着る服

お披露目のとき、庭園迷路でリッキーが着ていましたね。

すすコート(女子用)

すすコート(女子用)のアイテム
モブキャップ
ロビンマスク
革製の留め具
手袋
コート+ドロワーズ
長靴

すすコート(男子用)

すすコート(男子用)のアイテム
キャップ
ロビンマスク
革製の留め具
手袋
コート+オーバーパンツ
長靴
ロビンマスクは、英国で”クリスマスを告げに来る鳥”と言われているRobin(こまどり)がモチーフになっているようです。

シャドーハウス・生き人形の服の種類やタイプと着用シーンまとめ

『シャドーハウス』で生き人形が着る服の種類・タイプは4つあります。

・スタンダード:自分の部屋や生き人形同士の授業用
・メイドとバレット:お掃除用
・ポートレイト:シャドーの「顔」になる時用
・すすコート:大掛かりなお掃除用

という使い分けがあり、男女別のデザインになっています。

ポートレイトを着用している間は、生き人形が自分から話をしたり、生き人形同士で会話することは禁じられています。

シャドーハウスではシャドーたちの服装も豪華で、色んな衣装が出てきて楽しいですよね~。

大人になる時の服装はどう決まるのか?シャドーの服は誰がどうやって決めているのか?など、服装の謎も少しずつ明らかになるといいですね~。

タイトルとURLをコピーしました