スパイ教室ティアの過去とは?色仕掛けが得意な理由をネタバレ解説

『スパイ教室』のティアの過去エピソードを知って、

こんな重い過去があったから色仕掛けが得意なんだ…!

とちょっと驚きました。

幼少期にスパイに命を救われたからスパイになったのは知ってたんです。

でも本編では詳しく描かれていなかった幼少期の事件の背景やその後のティアの行動の理由を短編集で知って、ナンパ好きの美女というイメージが変わりました。

今回はティアの過去について、ネタバレありでご紹介します。

 

スパイ教室のティアとは?

スパイ教室のティアについて、プロフィールや特技・能力をサクッとご紹介します。

プロフィール(誕生日・年齢)など

ティアのプロフィールをご紹介します。

コードネーム 夢語ゆめがたり
誕生日 11月16日
年齢 18歳
髪の色 黒髪
特技 交渉
決めゼリフ 「惹ひき壊す時間よ」
一人称 私(わたし)

ティアは「灯」の最年長メンバーで、チームの実務を仕切るうえでリーダー役を担当することが多いです(クラウスが任命したリーダーは一応リリィ)。

身長 161cm、体重 52kgでバストサイズ Gカップなので痩せているのにグラマラス。

街に出ると男性たちの視線が集まるのも納得の美女です。

養成機関時代には男性教官や街で会った男性たちとベッドをともにして色仕掛けの技を磨いたものの、反感を買って成績を不当に下げられました。

特技・能力は”交渉”

ティアのコードネームは《夢語》。

彼女はターゲットに近づき3秒見つめ合うだけで相手の本音が見えてしまうという特技を持っています。

これは老若男女問わず有効な方法で、自分の恋愛を誰にも打ち明けずに隠し通そうとしていたモニカでさえ、うっかり視線を合わせたことで好きな人の存在を見抜かれてしまいました。

ティアのすごいところは相手の本音を握っていることをちらつかせつつ、相手をうまく説得できることでしょう。

男性とお近づきになって情報収集するなんてことは彼女にとって朝飯前。

ターゲットの夢が実現する未来を語り聞かせることができるから《夢語》なのかもしれないですね。

スパイ教室ティアの過去をネタバレ解説

スパイ教室のティアの過去についてネタバレありで解説します。

新聞社の社長の娘

ティアは新聞社の社長の娘というお嬢様育ちです。

じぶんのことを「私(わたし)」と呼ぶことや優雅な立ち居振る舞いからも育ちの良さがわかりますよね。

グレーテとは年齢が同じこともあって仲がよく、クラウスの彼女の座を狙う恋愛相談にのっては二人で女磨きにいそしんでいますw

11歳のとき誘拐され性的被害を受ける

ティアは11歳のときガルガド帝国のスパイたちに誘拐され、性的被害を受けた過去があります。

彼女が監禁されていたのは誘拐犯10名ほどが潜んでいた隠れ家で、ティアは洋服を剥ぎ取られ入浴もさせてもらえず薄汚れた裸の状態で監禁されていました。

彼女は当時性的虐待を受けていたのですが、おそらくはその記憶が辛すぎるため記憶を封印して忘れていたと思われます。

色仕掛けが得意な理由はトラウマの克服

スパイ養成学校で色仕掛けの技を磨いたのも、自分が受けた性被害の記憶を上書きし、トラウマを克服する行為だったのではないかとも原作に書いてありました。

とても悲しいことですが、重い過去を乗り越えたからこそ彼女の”交渉”という特技と色仕掛けが非常に相性良く機能しているとも考えられます。

起きたことを変えることはできませんが、自分にとっての過去の意味を変え前にすすむことができたティアは、本当に強いですね。

救出してくれたフェロニカに憧れスパイになった

ティアを救出するために監禁場所に駆けつけたのが「焔」のリーダー、フェロニカでした。

実はクラウスもそこに行き誘拐犯たちを暗殺したのですが、ティアの状況を確認したフェロニカに顔を合わせることを禁じられます。

フェロニカはティアを連れ帰り、自ら世話をする中でスパイとしての自分の仕事を語って聞かせたのでした。

ティアがスパイになりたいと伝えると、フェロニカは”あなたは私を超えるスパイになる”と予告。

まだまだ発展途上ではありますが、クラウスにも仲間にも信頼されリーダー的役割を果たすティアを見ると、「焔」のリーダーだったフェロニカに確実に近づいているなあという感じがします。

スパイ教室 まとめ

『スパイ教室』のティアの過去について、色仕掛けが得意な理由も含め解説しました。

ティアは新聞社の社長の家に生まれたお嬢様です。

11歳のときガルガド帝国のスパイたちに誘拐・監禁され、性被害にあいました。

ティアを救出したのは「焔」のフェロニカで、ティアは親身に世話をしてくれた彼女の話に憧れてスパイに。

つらい過去を上書きするかのように色仕掛けの技を磨き、交渉を得意とするスパイになっています。

相手を思い通りに動かすという点で「ほむら」のボスだった《紅炉こうろ》のフェロニカに確実に近づいていますね!

今後もティアの活躍を楽しみに見ていきたいと思います。

『スパイ教室』の漫画が70%OFFで読める!

実は『スパイ教室』の漫画を70%OFFで読む方法があります!

  • マンガ全3巻(定価2,013円)603円

で読めるんです。定価で買うのはもったいないので、上手に割引クーポンを利用しましょう!

タイトルとURLをコピーしました