ファンタビ3のダンブルドアの秘密とは?ネタバレ考察と謎3つを解説

『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を見てきました!

秘密ってなんだろう~と楽しみにして行ったら、暴かれた謎は一つじゃなかったですね。

原題が「Secrets of Dumbledore」で、Secrets と複数形になってるから一つじゃないんだな、と見終わってから納得。

これまで謎とされてきたこと3つの事実をまとめてご紹介します。

 

ダンブルドアの秘密とは?ファンタビ3でネタバレした謎3つを考察

『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』では、ダンブルドア3兄弟に関する謎が3つ暴かれましたね。

ダンブルドアの秘密とは3兄弟それぞれに関する謎

ファンタビ3では3兄弟のそれぞれに関する秘密が一つずつ明らかになりました。

そこで兄弟のプロフィールをざっくりご紹介します。

長男:アルバス・ダンブルドア

ハリー・ポッターでは長く白いあごひげのホグワーツの学校長としておなじみ。

当代最高の力を持つ魔法使いとして魔法界全体から尊敬を集めています。

ファンタスティック・ビーストでは、若くて茶目っ気たっぷりのホグワーツの変身術教授として登場。

次男:アバーフォース・ダンブルドア

ホグズミード村の居酒屋ホッグズ・ヘッドの無愛想な店主

兄とは違い不器用で粗野な性格ですが、ヤギを育てたり妹の面倒をみるなど心優しい一面もあります。

長女:アリアナ・ダンブルドア

ホッグズ・ヘッドの壁にかかっている肖像画の少女

14歳で亡くなった、アルバスとアバーフォースの妹。

長男のネタバレ:アルバス・ダンブルドアとグリンデルバルドの関係は恋人

若き日のダンブルドアとグリンデルバルドは恋人同士でした!

ダンブルドアは、グリンデルバルドの前でこれを認める発言をしました。

次男のネタバレ:クリーデンスはアバーフォース・ダンブルドアの息子

クリーデンスはダンブルドア教授の弟アバーフォースの隠し子でした。

これはニュートたちダンブルドア軍団も知ることになります。

長女のネタバレ:アリアナ・ダンブルドアはオブスキュリアル

ダンブルドアとアバーフォースの妹アリアナは、クリーデンスと同じようにオブスキュラスに寄生された”オブスキュリアル”でした。

これについてもダンブルドアが自らニュートに告白しました。

それでは一つずつ詳しく解説していきます。

若きダンブルドアとグリンデルバルドの関係は恋人同士

若き日のダンブルドアとグリンデルバルドの関係は恋人同士だったことがはっきりしました。

ダンブルドアが「君に恋していた」と明言

映画の最初のほうに、ダンブルドアがグリンデルバルドと二人きりで話をするシーンがあります。

交わされる会話の中で、ダンブルドアが「君に恋していた」とグリンデルバルドに向かってはっきり言うんです。

しかもそのシーンが甘いデートの雰囲気で、素敵なんですよ~。

白いクロスがかけられたテーブルが並ぶ、上品で落ち着いた雰囲気のレストラン。紅茶に角砂糖を溶かしながら待つダンブルドア。

カップを見つめる姿がふっと翳り、顔を上げるとグリンデルバルドが席についています。すごく穏やかで愛おしそうな表情でダンブルドアを見つめるんですよ。

「ここが君の行きつけの店か」
「行きつけなんてないよ」

と会話が始まって

「マグルはよく喋るな(顔をしかめる)。でもうまい茶を淹れる」

というグリンデルバルドの言葉に思わずフフッと笑みがこぼれるダンブルドア。ここらへんまではデートだったんですけどね。

グリンデルバルドが「臭わないか?この悪臭が。」とマグルを侮辱しはじめたあたりから雲行きが変わります。

ダンブルドアは「君に恋していた」と自分がかつてグリンデルバルドに魅了されていたことを認めます。

しかし「君のやっていることは狂気のさただ」「もうお互いを解放しないか?(血の誓いを解かないか?)」と提案しグリンデルバルドと決別する意志を表明

グリンデルバルドは「君がいようといるまいと、マグルの世界を焼き尽くす」と言って席を立ちました。

若き日のダンブルドアはグリンデルバルドの思想に魅了されていた

若い頃のダンブルドアはグリンデルバルドの考えに魅了され、血の誓いを交わしてお互いを攻撃しない約束をしていました。

血の誓いは、二人の魔法使いが血を混ぜ合わせることで行う魔法契約。

契約が成り立つとペンダントが一つ作成されます。

ペンダントが裏切りの意志を感じると首や手を締めつけ、裏切りへの制裁を行うという強力な魔法です。

決して闘わないという誓約を結ぶほど、二人は強い信頼関係で結ばれていました。

お互いの能力を認めあい、死の秘宝を手に入れて、「より大きな善のために」魔法使いがマグルに遠慮せず生きていける世界を作ろうと、ダンブルドアのほうから手紙を書くほど入れ込んでいたのです。

しかしアリアナ・ダンブルドアの死が二人の関係を終わらせました。

クリーデンスはアバーフォースの息子アウレリウス・ダンブルドア

クリーデンス・ベアボーンはアバーフォース・ダンブルドアの息子アウレリウス・ダンブルドアであることが明らかになりました。

クリーデンスの正体はアウレリウス・ダンブルドア

クリーデンスが自分の正体を知ったのは、グリンデルバルドから「お前の正体は、アウレリウス・ダンブルドアだ」と告げられたとき。

ファンの間では真実かどうか議論になっていましたが、本名は真実でしたね。

ただ、そのとき「実の兄弟がお前を陥れようとしている」と、まるでアウレリウスがアルバスやアバーフォース、アリアナの兄弟であるかのように言っていましたが、そこはグリンデルバルドの嘘でした。

アウレリウスはアバーフォースの息子

『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』で初めて明らかになったことですが、アウレリウスことクリーデンス・ベアボーンはアバーフォース・ダンブルドアの息子です。

クリーデンスの母親は、リタ・レストレンジが海に沈むのを見た女性だったことになります。

ダンブルドア一家がゴドリックの谷に移住した後、アバーフォースは谷に住む女の子と恋に落ちて子どもができていたのです。

しかし女の子はこっそり谷を出ていき、風のうわさでは子どもが生まれたとか……。

以前クリーデンスの養母メアリー・ルー・ベアボーンが「あの女は魔女だった」と言ってましたが、それ以外は写真も名前も出てきませんでした。

アルバス(ダンブルドア先生)はアバーフォースに子どもがいたことを知らなかったらしく、「相談してもらえるような兄だったら、みんなで一緒に暮らせたかもしれないのに」と言っていましたけど。

まあ、難しかったでしょうねぇ。アリアナのこともあったし。

わたしはアバーフォースについて、アリアナのお世話しながらヤングケアラーめっちゃ頑張ってたよねと思ってたんです。

でも恋人がいたとわかって、やっぱり人間一人じゃ頑張れないよね、って妙に納得しました。

アリアナ・ダンブルドアはオブスキュリアル

アリアナ・ダンブルドアはダンブルドア兄弟の一番下、アルバス(ダンブルドア先生)とアバーフォースの妹です。14歳の若さで亡くなっています。

ホッグズ・ヘッドにかかっている肖像画の女の子、といえばわかるでしょうか。

オブスキュリアルは「オブスキュラスを宿している人」

アルバス・ダンブルドアによると彼女はオブスキュリアルでした。

オブスキュリアルというのは、オブスキュラスを宿している人のこと。

オブスキュラス
オブスキュラスは魔法生物の一種魔力をコントロールできない魔法使いの子供に寄生して、暗く破壊的な力を発動させる。オブスキュラスに寄生された子どもの多くは10歳になるまで生きられない。

『魔法使いの旅』ではニュートがケニアの女の子から引き剥がしたオブスキュラスがトランクの中にいて、ジェイコブが「さわらないで!」と注意されていましたね。

黒い煙のような生き物で、空中にふわふわ漂っていました。

オブスキュラスは魔法使いの子どもに寄生する生き物で、宿主の心が不安定になると魔力を暴走させ、命を縮めてしまうんです。

アリアナがオブスキュリアルになったきっかけは、6歳の頃マグルの子どもたちに暴行されたこと。

ここからダンブルドア家の波乱の日々が始まります。

ダンブルドアの父親は娘に暴行したマグルを襲い、アズカバンに収監。

母親ケンドラとダンブルドア3兄弟は生まれ故郷からゴドリックの谷に移住し、アリアナを家の中に閉じ込めて生活。

アリアナはアバーフォースに懐いていましたが、彼が留守の時オブスキュラスが発動。

魔力の暴走を止めようとした母親が亡くなってしまいました。

アリアナはその後ダンブルドア、アバーフォース、グリンデルバルドが闘った際に、誰かの呪いが当たり14歳で亡くなりました。

ファンタビ3ダンブルドアの秘密で暴かれた謎3つのまとめ

『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』で暴かれた謎は3つありました。

① 若き日のダンブルドアとグリンデルバルドは恋人同士だった。
② アリアナ・ダンブルドアはオブスキュラスを宿していた。
③ クリーデンスはアウレリウス・ダンブルドアでアバーフォースの息子だった。

あとはグリンデルバルドとダンブルドアの1945年の決闘に向かってお話が進んでいくはずですが、第4作と第5作の映画がどういう内容になるか気になります。

ティナとニュート、クイニーとジェイコブなどカップルたちのその後も知りたいですしね~。

早く次回作が見たいですね!

タイトルとURLをコピーしました