SING/シングネクストステージのミス・クローリー名言・名シーンは?英語・声優紹介

『SING/シング:ネクストステージ』で何が一番良かったかと言えば、ミス・クローリーですね!

SINGより出番が増えたこともありますが、その秘書としての有能さとお笑い能力の高さにヤラれてしまいました~

もはや大好き♡になってしまったミス・クローリー。日本語吹替声優情報とともに名セリフ・名シーンを英語含めご紹介します!

 

SING/シング: ネクストステージでミス・クローリー役の声優は?

SING/シング: ネクストステージでミス・クローリー役を演じている声優さんは誰なんでしょうか。

ミス・クローリー役の日本語吹替声優は田中真弓さん

日本を代表する女性声優の一人、田中真弓さんのプロフィールはこちら。

生年月日:1955年1月15日
出身地:東京都
身長:150cm代表作は
血液型:A型
事務所:青二プロダクション

代表作を挙げればきりがないのですが、有名な少年役だけでも『魔神英雄伝ワタル』シリーズの戦部ワタル、『おそ松くん』のチビ太、『忍たま乱太郎』の摂津のきり丸、『ドラゴンボール』のクリリン、『ONE PIECE』のモンキー・D・ルフィ、『天空の城ラピュタ』の主人公パズー役等があります。

ご本人によると、自分は「女優」であって、声優はその仕事の一部だ、と考えておられるようです。

それにしてもすごい役ばかりで、日本人で田中さんの声を聞いたことがない人はいないんじゃないかという感じですね!

字幕版の吹替はガース・ジェニングス監督が担当

字幕版の吹替はガース・ジェニングス監督自ら担当しているというから驚きです!私はSINGを字幕版で見たんですが、男の人の声だとは思いませんでした~。

時々声が裏返ったりするところがいいアクセントになってるし、ミス・クローリーにぴったりの声だと思います。

ミス・クローリーはなぜ義眼?トカゲなのカメレオンなのイグアナなの?

ミス・クローリーはなぜ義眼なの?っていうのがSINGを見たときの疑問なんですけど、英語サイトを色々見ても答えは書いてないんですよね。

ただし、第1作の義眼が高く弾むシーンで、眼の裏にMADE IN CHINAって書いてあるのが見えることがわかりました(笑)

しかも材質がガラスらしいんですが、あれだけコロコロあちこち転がしててどうして割れないのか……?疑問が増えてしまいましたw

あとは、トカゲなのカメレオンなのイグアナなの?っていうのも疑問だったのでwikiを見てみたら、200歳を超えるイグアナの老婆なんだとか。

200年生きてれば、目が片方義眼になっててもおかしくないか、って納得できました。

SING/シング: ネクストステージのミス・クローリーの名言

SING/シング: ネクストステージのミス・クローリーの名言名セリフをご紹介します。

映画は字幕版で見たんですが、セリフを正確に覚えることはできませんでした。なので翻訳はDeepLの助けを借りつつ自分でしたものです、ご理解ください。

今のところ9回笑いました

“Oh, very good, Mr. Moon. So far, I counted nine smiles, two belly laughs, and five chuckles. Though the last one could’ve just been gas.”
ええ、なかなかいいですよムーンさん。今のところ9回笑いました。2回はお腹を抱えて、5回はクスクス笑いです。最後の1回はただのガスかもしれませんけど。

ムーン劇場でAlice in Wonderland公演を見ているお客さんの様子をムーンに報告するときのミス・クローリーのセリフです。

クリスタル・エンタテインメントのスカウト担当、スラッとした犬の女性スーキー・レーンの様子を気にしていたシーンですね。

ガスだったかもしれないって(笑)ミス・クローリー楽しすぎるw

「ヘマするなよムーン、さもないと」と書いてありますね

Oh, look, it’s a gift from Mr. Crystal.
It says, “don’t screw up, Moon, or else.”
あら見てください、クリスタルさんからのプレゼントです。
「ヘマするなよ、ムーン、さもないと」と書いてありますね。
何が起きても、義眼が転がりださない限りは落ち着いているのがミス・クローリー。
 
このときも怖い内容のメッセージを冷静に読み上げてましたw

嬉しいお知らせよ、ガソリンは満タンにして戻ってきたの。

You’ll Be Pleased To Hear I Did Bring It Back With A Full Tank. 
嬉しいお知らせよ、ガソリンは満タンにして戻ってきたの。
クレイ・キャロウェイの家にピカピカの真っ赤なスポーツカーで向かったミス・クローリー。ハードロックを口ずさんでノリノリで運転していきます(笑)
 
レンタカーを返すときにはドアは無くなってボンネットは凸凹のすごい状態になってましたね。それでもガソリンは満タンにして返すのがミス・クローリーの心意気w
 
なんでそんな状態になったかというと、クレイ・キャロウェイに追い返されたから。
 
ミス・クローリーが家の敷地に入ったところ、いきなり爆竹やペイントガンなどで攻撃され、義眼を落としてしまいました。
 
何とか車に乗り込みますが、さらにペイント弾で攻撃され、慌ててバックしたところ木に激突。落ちてきたりんごが目にはまったりと散々な状態で逃げ帰ります。
 
いやー、気の毒なんだけど笑っちゃいましたね~。行きのノリノリ具合とは対照的な帰りのヘロヘロ具合が面白かったw

その火山は昨日までに終わってるはずでしょ!

Mason! That volcano should’ve been finished yesterday!
メイソン!その火山は昨日までに終わってるはずでしょ!
アッシュとともにクレイ・キャロウェイの説得に向かうバスター・ムーンが、ミス・クローリーに「とにかくスケジュールを1分1秒でも遅らせるな」と指示して出かけました。
 
ミス・クローリーはその指示に忠実に仕事を開始。片手に拡声器を持ち、台車に乗って作業が遅れているメイソン(アザラシの現場監督)を怒鳴りつけ、稽古場に現れたポーシャにも「2時間の遅刻よ」と宣告。容赦ないんですよね(笑)
 
でもね、こんなに一生懸命働いてくれる部下がいるなんて、ムーンはすごく幸せだなーと思いました。
 
作業スケジュールがちゃんと全部頭に入ってる超有能な秘書ぶりを見て感心しちゃいましたね~。

SING/シング: ネクストステージのミス・クローリーの名シーン

SING/シング: ネクストステージのミス・クローリーの名シーンをご紹介します。

あのライオンはクレイジー、ピュー、ピュー、ピュー

SING/シング: ネクストステージのミス・クローリーの名シーンといえば、これでしょう。

You can’t go back there, Mr. Moon! That lion, he’s crazy! Crazy! Pew. Pew, pew.
あそこにいっちゃいけません、ムーンさん。あのライオンはクレイジー、ピュー、ピュー、ピュー。
このときのミス・クローリーのヨレヨレ感がたまりませんよね!しかもピュー、ピュー、ピューってwペイント弾がよっぽど怖かったんですね~
 
行きはかっこいいスポーツカーに乗ってノリノリで音楽を聴きながら運転してたのに、帰りは一転してオンボロになったレンタカーを返却(笑)
 
そのあとようやく上司のもとに帰ってきて口にするのがこのセリフです。すごく気の毒なのに……サイコーに笑えます(笑)

クレイ・キャロウェイを見て気絶

ここはセリフのないシーンですが、バスター・ムーンのもとにアッシュとクレイ・キャロウェイが到着し、他のメンバーも合流するシーン。

他のみんなが驚いて思わず「クレイ・キャロウェイ」とつぶやいているのに、ミス・クローリーだけは何も言わずにワナワナ震えてましたね。

しかもクレイの顔が近づいたら気絶(笑)撃退されたときの恐ろしい記憶が蘇ったんでしょうか。いやー、面白い!

エンドロールにも登場!

SING/シング: ネクストステージのエンドロールではミス・クローリーが主役を務めていましたw

まず床のモップがけ⇒義眼が落ちて追いかける⇒義眼が寝そべって足を上にあげているフラミンゴの上をバウンド⇒追いかけてキャッチ

みたいな感じだったと思いますが、とにかく最後まで活躍してくれて、私としては大満足♡でした。

SING/シング: ネクストステージのミス・クローリー名言声優まとめ

SING/シング: ネクストステージのミス・クローリーの名言・名シーンと声優情報をご紹介しました。

この映画で一番良かったのはミス・クローリーだと思ってます。

出番が増えて名言もたくさんあったし、秘書として有能な一方で相変わらず癒し力抜群のお笑いを提供してくれたりと、大活躍でした!

声優情報とともに名セリフ・名シーンを英語含め楽しんでいただけたら嬉しいです~。

タイトルとURLをコピーしました