謎のプリンスダンブルドアが嫌じゃと飲んだ黒い水はなに?すくえない理由も

映画『ハリー・ポッターと謎のプリンス』で気になったのは、ダンブルドアとハリーが二人だけで洞窟にいき、金色のロケットを手に入れるシーンです。

ダンブルドアが「嫌じゃ」と言いながら飲む黒い水はなに?ハリーはなぜ水がすくえなかったの?という疑問が残りました。

ネットなどで調べてみて、わかったことをお伝えします。

 

ダンブルドアが嫌じゃと言いながら飲んだ黒い水はなに?

ダンブルドアは、「嫌じゃ」「殺してくれ」「もう水は飲めない」と、本当に苦しそうな様子でしたが、それでも黒い水を飲み続けていました。

映画では詳しい説明がありませんでしたが、あの水は何だったのでしょうか?

謎のプリンスの黒い水は分霊箱を守るための毒薬のようなもの

黒い水の正体は、ヴォルデモートが魔法をかけた水で、毒薬のようなものです。

最も苦痛に感じる記憶が蘇る
激しい喉の渇きに襲われる

という作用がありました。水盤が毒薬のような黒い水で満たされていたのは、分霊箱を盗もうとする者を弱らせる目的があってのことです。

飲むと恐ろしい幻覚が見えひどい渇きに襲われる

黒い水を飲むと「最も苦痛に感じる記憶が蘇る」のですが、ダンブルドアが見たのは、自分のせいで妹のアリアナが亡くなったときの記憶でした。

ダンブルドアは自分がどんな状態になるか正確に予測し、「何があっても最後の一滴まで、これをわしに飲ませるのじゃ」とハリーに言い聞かせ、最後の一滴まで飲みきりました。

しかし「激しい喉の渇きに襲われる」ことまでは予測できなかったのか、ハリーの前で水を求めて苦しみ続けます。

水盤の底にある分霊箱を手に入れるには飲むしかない

なぜ全て飲む必要があったのかというと、”飲み干す”以外の方法では分霊箱を取り出せないような魔法がかけられており、消失呪文や変身呪文なども効かないようになっていたからです。もちろん、水を捨てたりしたら分霊箱を手に入れることはできません。

また、ハリーと二人で飲んでもよかったのでは?と考える人もいるかもしれませんが、飲んだ人は苦しい記憶のせいで心が病んだ状態になってしまうので、どちらか一人は正気を保っていないと安全な場所に戻ることができません。

なので、ダンブルドアが一人で全て飲み干すしかありませんでした。

「最も苦痛に感じる記憶が蘇る」ことで心にダメージを与え、「激しい喉の渇きに襲われる」ことで体にもダメージを与えるという、抜け目ない妨害作戦ですよね。

謎のプリンスでハリーが水をすくえないのはなぜ?

喉の渇きに苦しむダンブルドアを前にして、ハリーは何度も必死に「アグアメンティ!」と水を出す呪文を唱えますが、水はゴブレットの中に一瞬現れてもすぐに消えてしまいました。

あれはどうしてだったのでしょうか?

ヴォルデモートの魔法で湖の水だけがすくえた

ゴブレットにもヴォルデモートが魔法をかけており、黒い水と湖の水以外はすくえないようになっていました。

そのため「水よ!」の呪文を唱えても、すぐに水は消えていました。そのような仕掛けを施したのは、ヴォルデモートの狙いが侵入者に湖の水を飲ませることにあったからです。

喉が渇いて死にそうになっている人がいれば、なんとかして水を飲ませようと思いますよね。水が出せなければ、湖の水を飲ませるしかありません。たとえ罠かもしれない、と思ってもです。

湖の水を飲むと亡者に襲われる仕掛けで分霊箱を守るため

湖の水を飲んだ者には、湖の中の亡者が襲いかかってくるよう魔法がかけられていました。ヴォルデモートは分霊箱を守るため、黒い水で深刻なダメージを負った侵入者を水の中の亡者に襲わせる、という二重の妨害工作を仕込んでいたということです。

ちなみに「亡者」は、闇の魔術によって生き返らされた死体のこと。ヴォルデモートは亡者の軍隊のようなものを組織していたといわれており、その半数以上はマグルの死体を生き返らせたものだったとか。恐ろしいですね……。

ダンブルドアが嫌じゃと言いながら飲んだ黒い水のまとめ

『ハリー・ポッターと謎のプリンス』でダンブルドアが”嫌じゃ”と言いながら飲んだ黒い水は、2つの作用がある毒薬のようなものでした。

最も苦痛に感じる記憶が蘇る
激しい喉の渇きに襲われる

ヴォルデモートは黒い水で分霊箱を奪おうとする者の心と体に深刻なダメージを与え、湖の水を飲ませて亡者に襲わせるという罠を準備していました。

罠を承知で黒い水を飲んだダンブルドアは、妹アリアナを亡くしたときの記憶が蘇り、苦痛にさいなまれていました。また、激しい渇きに襲われて、ハリーが汲んだ湖の水を飲みました。

そのため湖の中の亡者に襲われましたが、ダンブルドアが炎の魔法をかけて追い払い、無事ホグワーツに帰ることができました。

 

タイトルとURLをコピーしました