名探偵コナン松田刑事と萩原刑事の約束とは?二人の死因や死んだ時期についても

『劇場版名探偵コナン ハロウィンの花嫁』で、松田刑事と萩原刑事の約束がどういう内容だったのか明らかになりましたね。

松田刑事が約束について口にしたシーンを振り返りつつ、二人の死因や死んだ時期についても解説します。

 

名探偵コナンの松田刑事と萩原刑事の約束とは?

名探偵コナンの松田刑事と萩原刑事の約束とは、どういう内容だったんでしょうか。

原作マンガでは約束の内容が書かれていませんでしたが、映画『ハロウィンの花嫁』では、松田刑事が約束の内容を口にしていました。

松田刑事が萩原刑事を殺した犯人を逮捕すること

3年前の11月6日。その日は7年前に殉職した萩原刑事の墓参りのため、警察学校の同期4人が月参寺に集まりました。

伊達航、諸伏景光、降谷零が萩原のお墓の前で手を合わせていると、松田刑事が白い花の花束を手に遅れて到着。

お墓に手を合わせたあと「こいつのカタキを取るって約束、まだ果たせてねぇんだからよ」と発言。

死の直前に萩原と言葉を交わすチャンスはなかったはずなので、この約束は松田刑事が自分の心の中で萩原に約束したことだと思います。

松田刑事は亡くなった萩原刑事に携帯メールを送り続けていたり、カタキをとる約束をするなど本当に親友想いですよね~。

亡くなってからもこんなに自分のことを考えてくれる親友を持てるなんて、萩原刑事はめちゃめちゃ幸せ者だったと思います!

松田刑事は約束を果たせず同じ犯人の爆弾で死亡

残念なことに、松田刑事は3年前の連続爆破事件で萩原刑事との約束を果たせないまま亡くなりました。

3年前の事件の犯人は7年前の事件の犯人と同じ。

萩原刑事と松田刑事のカタキをとったのは、コナンの爆弾解体と佐藤刑事・高木刑事による犯人逮捕でした。

松田刑事と萩原刑事の死因や死んだ時期は?

松田刑事と萩原刑事の死因や、亡くなった時期について解説します。

萩原刑事の死因は「爆殺」:7年前の11月7日

7年前の11月7日に発生した連続爆破事件では、萩原刑事が殉職しました。

高級マンション2か所に爆弾が仕掛けられ、犯人は10億円を要求。

2か所のうち1か所は松田刑事が、もう1か所は萩原刑事が解体を担当し、松田刑事は解体に成功しました。

萩原刑事は解体に手間どりましたが、金を払うことを条件に犯人に起爆装置を停止させることに成功。

犯人の二人は金を手に入れたあと、爆弾をそのままにして逃亡するつもりでした。

しかし逃走用の車内でテレビ中継の回想シーンを見て、今も起爆装置が止まっていないと誤解。

警察に「どういうことだ!」と電話した一人が、運悪く車にはねられ警察の目の前で亡くなります。

もう一人の犯人は、警察が仲間をおびき出して殺したと誤解。

止めていた起爆装置を再び起動させ、車で逃げ去りました。

萩原刑事は再び動き出した爆弾の爆発により殉職しました。死因が「爆殺」なのはこのためです。

松田刑事の死因も「爆殺」:3年前の11月7日

3年前の11月7日に発生した連続爆破事件では、松田刑事が殉職しました。

7年前の事件で警察を恨んでいる犯人は、6年前から毎年11月7日に警視庁にFAXを送付。

6年前:3
5年前:2
4年前:1

というカウントダウンで犯行を予告していました。

松田刑事は3年前の11月7日に犯人から届いた爆破予告の暗号を解読。

大観覧車に仕掛けられた爆弾の解体に挑みます。

しかし完全に解体するともう一つの爆弾の場所が判らなくなるという犯人の罠が……

松田刑事は解体をあきらめ、爆破まで残り3秒で判明した場所をメールで佐藤刑事に伝え殉職しました

というわけで、松田刑事の死因も『爆殺」です。この時も犯人は逃走して捕まりませんでした。

松田刑事は7年前に親友の萩原が殉職した事件の犯人を追い続け、萩原との約束を果たそうとしていましたが、果たせぬまま亡くなりました。

コナンの活躍で佐藤刑事・高木刑事が犯人を逮捕

11月7日、ついに佐藤刑事と高木刑事がコナンに助けられて犯人を逮捕しました!

当日、爆弾が仕掛けられたとの通報を受けて車で現場に向かった高木刑事と白鳥警部。

通報はガセネタでしたが、店内を確認する間に警察車両に爆弾が仕掛けられ、白鳥警部が重傷を負ってしまいます。

車内で発見された爆破予告から、犯人は3年前の事件と同一人物であることが判明。

コナンが爆破予告の暗号を解読し、東都タワーに仕掛けられた爆弾の解体に挑みました。

高木刑事とともにエレベーターに閉じ込められたコナンは、エレベーターの天井裏に仕掛けられた爆弾を途中まで解体。

しかしそこは3年前と同じく、完全に解体するともう一つの爆弾の場所が判らなくなるという犯人の罠が……。

コナンはヒントを途中まで見て爆弾を解体。そのヒントから、もう一つの爆弾が帝丹高校に仕掛けられていることがわかり、警察が爆弾を処理しました。

佐藤刑事が犯人を追い詰め、高木刑事も駆けつけて逮捕しました。

松田刑事と萩原刑事の事件の後日談

コナンが爆弾を解体したことは新聞で大々的に報じられていて、その活躍を萩原刑事の姉の警察官、千速が知っていました。

原作101巻では白バイにコナンを乗せて、ピンチを救ってくれるんですよね。

「恩は返したぞ…研二」という心の中の言葉とともに。

松田刑事の初恋の相手でもあった千速。彼女とコナンとの接点ができるとは思っていなかったので驚きました!

ここまで伏線を貼っておく青山先生、すごすぎです。

松田刑事と萩原刑事の約束とは?死因や死亡時期についてもまとめ

松田刑事と萩原刑事の約束とは、松田刑事が「萩原刑事のカタキを取る」と亡くなった萩原に心の中で約束したことでした。

萩原刑事の死因は「爆殺」、殉職したのは7年前です。

松田刑事の死因も「爆殺」、殉職したのは3年前です。

二人は同じ犯人による連続爆破事件の爆弾の犠牲になって亡くなりました。

カタキをとったのは爆弾を解体したコナンと、犯人を逮捕した佐藤刑事・高木刑事でした。

松田刑事と萩原刑事の約束は、二人の友情の証。同期5人の中でも、この二人は幼い頃からの親友。

二人のやり取りがもう見られないと思うと、とても残念です!これまでのエピソードを復習して、楽しみたいと思います!

タイトルとURLをコピーしました